日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

■震災復興の公共人類学: 福島原発事故被災者と津波被災者との協働

-関谷雄一; 高倉浩樹編. 震災復興の公共人類学: 福島原発事故被災者と津波被災
者との協働. 東京大学出版会, 2019, 304p.
主な内容は以下の通りです。
----------
序 論 災害に抗する公共人類学への誘い(関谷雄一)
I 震災復興の映像アーカイブ化
 第1章 灰色地帯を生き抜けること──「つくば映像アーカイブ」から考える(箭内
 匡)
 第2章 避難者のセーフティネット作りから映像アーカイブ制作への発展(武田直樹)  
 第3章 『立場ごとの正義』──自主避難者の視点から映像を撮る(田部文厚)
 第4章 災害に抗する市民の協働(関谷雄一)
II 福島第一原発事故被災者に寄りそう実践の試み
 第5章 原発事故避難者受け入れ自治体の経験 ──ソーシャル・キャピタルを活
用した災害に強いまちづくりを目指して(辻内琢也・滝澤 柚・岩垣穂大/研究協力:
佐藤純俊)
 第6章 当事者が語る──一人の強制避難者が経験した福島第一原発事故(トム
ギル・庄司正彦)
 第7章 まなび旅・福島──公共ツーリズムの実践(山下晋司)
III 津波被災地の生活再建の現場から
 第8章 現在から過去へ,そして未来へ──「復興」への手探りの協働(木村周平・
西風雅史)
 第9章 津波被災後の稲作農業と復興における在来知の役割(高倉浩樹)
 第10章 震災とデス・ワーク──葬儀業による死後措置プロセス支援の展開(田中
大介)
----------
出版者による紹介が以下のページにあります。
http://www.utp.or.jp/book/b378013.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■九州大学附属図書館付設記録資料館の助教公募

九州大学附属図書館付設記録資料館が、助教1名を公募しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
(1)資料調査・整理・目録作成・閲覧業務
(2)近現代石炭関係資料の受入整理
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
博士の学位を取得、またはこれと同等の学力を持つこと
----------
応募期限は令和2年5月29日です。
詳しくは、同大学のサイトをご参照ください。
http://kobo.jimu.kyushu-u.ac.jp/

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

自宅の大掃除の時に見つかった歴史資料についてのお願い

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん から「2020年4月9日緊急事態宣言発出に伴う
自宅などでの大掃除の歴史資料に関する注意点(お願い)」が出ています。
http://rekishishiryo.com/html/other/20200409.htm

自宅の大掃除を考えている方は是非ご覧下さい。

(小林)

国立公文書館 アーキビスト認証準備委員会

アーキビスト認証制度に関する情報が以下の所に掲載されています。
http://www.archives.go.jp/about/report/ninsyou.html

(毛塚)

■企業史料協議会 2020年度くずし字研究会■

企業史料協議会では、江戸時代から明治・大正期頃までの暮らしや経済に関わる
様々な種類の史料を読むくずし字研究会を、以下の通り開催します。

【入門コース(東京)】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第3水曜 15:00~17:00
場所:貸し会議室ROOMS水道橋店 第4会議室(庄司ビル5階)
定員:15名(先着順)
料金:会員 18,000円、一般 26,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

【中級コース(東京)】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第2水曜(8月のみ第1水曜) 15:00~17:00
場所:貸し会議室ROOMS水道橋店 第4会議室(庄司ビル5階)
定員:15名(先着順)
料金:会員 18,000円、一般 26,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

【大阪】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第2火曜(8月のみ第1火曜) 15:00~17:00
場所:(株)竹中工務店大阪本店 御堂ビル地下1階 T’Sイノベーションルーム
定員:15名(先着順)
料金:会員 16,000円、一般 24,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

プログラムの詳細等については、以下のサイトよりご確認ください。
http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=12

(小林)

■デジタルアーカイブ学会 第4回研究大会■

デジタルアーカイブ学会では、第4回研究大会を以下の通り開催します。

日時:2020年4月25日(土)~26日(日)
会場:学術総合センター一橋講堂 (東京都千代田区一ツ橋)
   https://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html
参加費:正会員 5,000円、学生会員 2,000円、 賛助会員 5,000円 、非会員
 8,000円

プログラムの詳細等については、以下のサイトよりご確認ください。
http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/4th

(小林)

2020年度大会の延期について

日本アーカイブズ学会
会員各位
                          会長 大友 一雄

            2020年度大会の延期について


 平素は当会の活動にご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

 さて、本年4月25日(土)・26日(日)に開催を予定しておりました2020年度
大会につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、総会を含む
すべてのプログラムを延期することといたします。

  延期後の大会日程等の詳細につきましては、改めてご連絡いたします。

  大会参加を予定しておられた皆様におかれましては、多大なるご迷惑をおか
けいたしますが、何とぞご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。


     <お問い合わせ>
      日本アーカイブズ学会事務局
      〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5F
      http://www.jsas.info e-mail: office@jsas.info

■和歌山県立文書館の嘱託研究員募集

和歌山県立文書館が、嘱託研究員1名程度を募集しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
和歌山県立文書館が所蔵する古文書の解読、整理、目録作成等及び古文書に係る
調査、研究等
----------
受験資格は以下の通りです。
----------
学校教育法に基づく大学院において日本史学(近世又は近代)の課程を修了した人
若しくは令和2年3月31日までに修了見込みの人又はこれらと同等以上の学力を有
する人
----------
受付期間は令和2年3月17日(火)までです。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/monjyo/

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■大学COC+シンポジウム「地域歴史遺産の「保存」と「活用」-博物館・公文書館の役割-」【3/21】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、園田学園女子大学のサイトをご参照ください。
https://www.sonoda-u.ac.jp/event/mgjvff0000000m20.html
----------
日時 2020年3月21日(土曜日)午前10時から12時
会場 園田学園女子大学5号館3階大会議室
 〒661-8520 尼崎市南塚口町7丁目29-1
 https://www3.sonoda-u.ac.jp/access/index.html
趣旨説明
 大江篤(園田学園女子大学人間教育学部教授)
基調講演「博物館と公文書館の役割~「わたし」と「わたしたち」~」
 藪田貫(兵庫県立歴史博物館館長)
ディスカッション
 稲村和美・尼崎市市長
 藪田貫・兵庫県立歴史博物館館長
 大江篤・園田学園女子大学人間教育学部教授
 市澤哲・神戸大学大学院人文学研究科教授
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■新潟県立文書館の会計年度任用職員(専門)募集

新潟県立文書館が、会計年度任用職員(専門)1名を募集しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
文書館が所蔵する歴史資料の整理業務、閲覧業務、歴史資料を活用した講座等の
普及業務、歴史資料に関わる調査業務
----------
資格要件は以下の通りです。
----------
次のいずれかに該当する人であること
ア 大学又は大学院で歴史学(日本史)、文化財学、民俗学、又は国文学(漢文等含
む)を専攻し卒業又は卒業見込みの人で、かつ和紙等に筆で書かれた文字の判読が
できる人
イ 学校等の教育機関又は歴史資料保存活用機関(文書館、公文書館、博物館、資
料館、自治体史編さん室等)での職務経験のある人で、かつ和紙等に筆で書かれた
文字の判読ができる人
----------
申込受付期間は令和2年3月12日(木)までです。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
https://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=863&comment_flag=1&block_id=3049#_3049

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■国立公文書館の公文書専門員募集

国立公文書館が、公文書専門員を若干名募集しています。
職務内容は以下の通りです。
----------
「公文書等の管理に関する法律」(平成21年7月1日法律66号)、「国立公文書館法」
(平成11年法律第79号)等の下、「アーキビストの職務基準書」(平成30 年12 月独立
行政法人国立公文書館)に示されたアーキビストの使命、倫理と基本姿勢に基づき、
次のような諸業務に従事する。
(1) 評価選別・収集(指導・助言、評価選別、受入れ)に係る諸業務
(2) 保存(保存整理、目録整備)に係る諸業務
(3) 利用(利用審査、利用者支援)に係る諸業務
(4) 普及(利用の促進、連携)に係る諸業務
(5) 上記に関連するデジタルアーカイブ、電子公文書保存システム等の調査研究・企
画・構築・運用・管理に関する諸業務
(6) その他公文書管理法、国立公文書館法等制度の運用及び当館運営に係る諸業

----------
資格は以下の通りです。
----------
以下の(1)及び(2)を満たす者。
(1) 「アーキビストの職務基準書」に示されたアーキビストとして「4必要とされる知識・
技能」の「(1)基礎要件」及び「(2)職務と遂行要件」に関連する学問分野において大
学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識・能力を有する者
(2) 上記の知識・能力を活かし、概ね2年以上の実務経験がある者
----------
応募期限は令和2年3月23日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.archives.go.jp/news/20200214115131.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■宮内庁書陵部図書課宮内公文書館の事務補佐員募集

宮内庁書陵部図書課宮内公文書館が、事務補佐員2名を募集しています。
採用後の職務は以下の通りです。
----------
宮内公文書館が所蔵する歴史資料として重要な公文書等の保存管理,出納及び閲
覧者対応に関する業務
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
1.高等学校卒業又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者
2.心身共に健全であること
3.パソコンの操作(Excel,Word,一太郎等)に十分習熟していること
4.当該採用期間にわたり継続して勤務が可能なこと
5.来館者への応対ができること
6.史料保存利用機関等での実務経験があることが望ましい
----------
書類受付期間は令和2年3月27日(金)までです。
詳しくは、同庁のサイトをご参照ください。
https://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/saiyo/sho-r020228-2.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■京都府立京都学・歴彩館の学芸員募集

京都府立京都学・歴彩館が、任期付職員(学芸員)計2名を募集しています。
職務内容と受験資格は以下の通りです。
申込区分B
----------
京都府立京都学・歴彩館における中世・近世資料の調査・収集・整理・閲覧や、活用
・普及を中心とした業務の企画・実施
学芸員資格を有し、かつ、学校教育法に基づく大学又は大学院において、日本史
(中世・近世)その他これに類する課程を修了し、かつ、大学・研究機関・文書館・博
物館等における歴史資料の収集、整理、閲覧対応等の業務に1年以上従事すると
ともに、古文書の解読能力を有する方
----------
申込区分C
----------
京都府立京都学・歴彩館における行政文書の調査・収集・整理・閲覧や、活用・普及
を中心とした業務の企画・実施
学芸員資格を有し、かつ、学校教育法に基づく大学又は大学院において、日本史
(近現代史)その他これに類する課程を修了し、かつ、次のいずれかの業務に1年
以上従事した方
1 文書館等における公文書の収集、整理、閲覧対応等の業務
2 地方自治体史の編纂業務
----------
受付期間は令和2年3月2日までです。
詳しくは、同府のサイトをご参照ください。
http://www.pref.kyoto.jp/shokuinboshu/news/02ninkitsuki.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■滋賀県立公文書館の歴史公文書専門職員募集

滋賀県が、滋賀県立公文書館で勤務する歴史公文書専門職員3名を募集していま
す。
仕事内容は以下の通りです。
----------
一般事務
(1)公文書館における特定歴史公文書等の適切な管理に関する事務
(2)公文書館における歴史的公文書等の利用請求への対応(レファレンスを含む。)
(3)公文書館が管理する特定歴史公文書を活用した特別展示、講演会等の企画お
よび実施その他公文書館の情報発信に関する事務
(4)歴史資料としての価値を有すると認められる現用公文書の選別に関する事務
(5)その他特に命ぜられた事務
----------
必要な資格等は以下の通りです。
----------
必要な経験・知識・技能等
あれば尚可
・くずし字が読めること
・歴史学(日本史)またはこれに類する専攻について大学(短期大学を除く。)卒業程
度以上の知識があること。
パソコン基本操作(ワードでの一般的な文書作成、エクセルでの基本的な関数・機能
を用いたデータの抽出等、画像編集ソフトによる基本的な画像の加工ができる程度)
次のア、イ、ウのいずれかに該当する者であること
ア 学芸員の資格を有する者
イ 司書の資格を有する者
ウ 国立公文書館によるアーカイブズ研修2又は3を修了した者
----------
応募締切は令和2年3月4日です。
詳しくは、ハローワークインターネットサービスのサイトをご参照ください。
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/GECA110010.do?screenId=GECA110010&action=dispDetailBtn&kJNo=2501002269301&kJKbn=1&jGSHNo=6tXb3VAvZFWOOWo%2Bh6O0lA%3D%3D&fullPart=2&iNFTeikyoRiyoDtiID=&kSNo=&newArrived=&tatZngy=1&shogaiKbn=0

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■国文学研究資料館の事務補佐員募集

国文学研究資料館が、事務補佐員1名を募集しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
史料目録編集業務補助、アーカイブズ史料の調査・収集補助
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
・事務業務を行う上で、パソコン(ワード、エクセルは必須)及び電子メールを支障の
ないレベルで使いこなせること。
・近世・近代の古文書が読め、史料目録の作成・編集ができること。
----------
応募締切は令和2年3月4日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
https://www.nijl.ac.jp/news/2020/02/3417-1.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■公開セミナー「社会問題資料を未来に繋ぐ 資料保全と活用」【3/1】

標記のセミナーが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、関西大学経済・政治研究所のサイトをご参照ください。
http://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/news/2020/02/3202031.html
----------
日 時:2020年3月1日(日) 10:30 ~ 17:00
場 所:エル・おおさか(府立労働センター)5階研修室1
 〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
アクセス:http://www.l-osaka.or.jp/access/
プログラム
10:30 挨拶(宇城輝人:関西・大阪の社会経済問題の歴史と現状研究班主幹)
10:35 趣旨説明(黒川伊織:関西・大阪の社会経済問題の歴史と現状研究班委嘱
研究員)
10:45 講演「社会運動史に向き合うことの意味と可能性」(原山浩介:国立歴史民俗
博物館)
11:30 講演「社会運動資料との向き合い方」(三輪泰史:大阪教育大学名誉教授)
12:15~12:30 質疑応答
13:30 参加者リレートーク
15:00 休憩(エル・ライブラリーの修復資料展示の観覧)
15:20 講演「研究者の残した資料の活用実践例」(谷合佳代子:大阪産業労働博物
館)
15:50 自由討論
17:00 終了
聴講無料
事前申込不要
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■第3回肖像権ガイドライン円卓会議【3/6】

標記の円卓会議が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。
http://digitalarchivejapan.org/4251
----------
主催:デジタルアーカイブ学会法制度部会
日時:2020年3月6日(金)午後6時半~9時
場所:東京大学本郷キャンパス工学部2号館93B教室
プログラム
1.ガイドライン第三次改訂版の報告
 川野智弘法制度部会員(弁護士)
2.ラウンドテーブル
討論者(50音順)
・井上佐知子(国立国会図書館電子情報部電子情報流通課課長補佐)
・内田朋子(共同通信編集局ニュースセンター校閲部委員)
・大髙崇(日本放送協会放送文化研究所メディア研究部)
・宍戸常寿(東京大学教授)
・数藤雅彦(弁護士)
・瀬尾太一(日本写真著作権協会常務理事・授業目的公衆送信補償金等管理協会
常務理事)
・中井秀範(日本音楽事業者協会専務理事)
・橋本阿友子(弁護士)
・原田健一(新潟大学教授)
・福井健策(弁護士・デジタルアーカイブ学会法制度部会長):司会
・宮本聖二(立教大学教授)
・渡邉英徳(東京大学教授)
3.実証実験への参加機関公募及び今後の取組について
 福井健策 法制度部会長
参加対象者と申込方法
参加者数:50名~80名程度
参加方法:デジタルアーカイブ学会員は無料、非会員は資料代2000円を当日いただ
きます
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■近畿部会第156回例会「劣化の進む近現代の紙資料 ─コッピー紙・ガラスペン・わら半紙─」【3/8】

標記の例会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会のサイトをご参照くださ
い。
http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html
----------
と き 2020年(令和2)3月8日(日曜日) 13:00~16:30 new!
ところ 京都造形芸術大学 直心館       
講 師 大林賢太郎氏(京都造形芸術大学教授)
定 員 20人
参加費 会員無料(非会員 500円 材料費)
お申し込み締切 令和2年2月29日(土曜日)まで
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■全国映画資料アーカイブサミット2020【3/13-14】

標記のイベントが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、映像産業振興機構のサイトをご参照ください。
https://www.vipo.or.jp/news/23099/
----------
日時
2020年3月13日(金)13:00~18:30(予定)/12:30~受付開始 19:00~21:00 参加
者交流会
2020年3月14日(土)10:30~16:00(予定)/10:00~受付開始
会場 神楽座
(〒102-8552東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
定員 100名(先着順) 残席がある場合は、当日参加可能
参加費 無料  参加者交流会は会費制(5,000円)
申込締切 3月6日(金)まで
主催 文化庁(令和元年度アーカイブ中核拠点形成モデル事業[撮影所等における
映画関連の非フィルム資料])
運営 特定非営利活動法人 映像産業振興機構
プログラム
2020年3月13日(金)
主催者挨拶(13:00~13:05予定)
文化庁参事官 坪田 知広 氏
第1部:セミナー(13:05~13:55予定)
「映画資料の保存対策と防災」
 講師:日本図書館協会資料保存委員会 委員長 眞野 節雄 氏
第2部:プレゼンテーション&シンポジウム(14:00~15:50予定)
「映画資料所蔵館による自館紹介」3館のプレゼンテーション
(14:00~14:30予定)
「映画資料所蔵館の課題を共有し、その改善に向けて」シンポジウム
(14:35~15:50予定)
・モデレーター:国立映画アーカイブ 主任研究員 岡田 秀則 氏
・パネラー:東映京都スタジオ 代表取締役 山口 記弘 氏
       松竹大谷図書館 主任司書 武藤 祥子 氏
       調布市立図書館 調査支援係主任 越路 ひろの 氏
休憩10分
第3部:セミナー(16:00~17:00予定)
「映画資料のアーカイブと開示に関する権利の課題」
・講師:骨董通り法律事務所 弁護士(日本・ニューヨーク州)日本大学 藝術学部 客
員教授 福井 健策 氏
第4部:上映会(17:10~18:30予定)
「映画撮影所を紹介した映像」
 作品:『スタジオは大騒ぎ』(大映東京撮影所/1956年/47分)
 『スタジオはてんやわんや』(大映東京撮影所/1957年/28分)
交流会:サミット参加者交流会(19:00~21:00予定)
 参加費:5000円
 会場:ロイヤルガーデンカフェ飯田橋店
 (〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目10-2 飯田橋グラン・ブルーム サクラテ
ラス 2F)
2020年3月14日(土)
第5部:ゲストトーク(10:30~11:20予定)
「映画資料の魅力(映画資料の歴史と文化的資料価値を知る)」
・モデレーター:国立映画アーカイブ 主任研究員 岡田 秀則 氏
・ゲスト:元松竹株式会社 宣伝部長 幸田 順平 氏
第6部:セミナー(11:30~12:30予定)
「映画資料展のキュレーションについて」
・講師:鎌倉市川喜多映画記念館 総括責任者 増谷 文良 氏
休憩
90分(各自昼食/施設場所へ移動)
第7部:見学会(14:00~16:30予定)
「映画関連施設」の視察
・国立映画アーカイブ[先着12名様まで]
(〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6)
・葛飾柴又寅さん記念館[先着20名様まで]
(〒125-0052 東京都葛飾区柴又6-22-19)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■外務省外交史料館の史料管理・利用関係業務要員募集

外務省が、史料管理・利用関係業務要員1名を募集しています。
業務内容は、「史料管理・利用関係業務」です。
応募資格は以下の通りです。
----------
(1)応募に際しては,以下の項目を参考にして下さい。
ア 日本近現代史・外交史の基礎的知識を有し,史料を扱う業務に関心を有している
ことが望ましい。
イ 日本の近現代期に作成された史料の読解ができることが望ましい。
ウ 学術研究・教育機関,行政機関等での勤務経験があることが望ましい。
エ パソコンに関する基礎的な知識や操作能力を有する者。
オ 来館者への応対ができる者。
----------
応募締切は令和2年2月21日です。
詳しくは、同省のサイトをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page6_000499.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)