日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

全史料協近畿部会第91回例会のお知らせ

(近世古文書研究会と共催)

1 日 時  平成19年9月14日(金) 午後1時30分から午後4時45分

2 場 所  和泉市コミュニティセンター 1階 中集会室
        所在地:大阪府和泉市府中二丁目7-5
        電 話:0725-43-0532

3 テーマ  自治体と大学の連携-自治体史編纂事業をとおして-

4 報告者
 (1) 報告(自治体から)
   テーマ:「合同調査と地域史研究」
   報告者:森下徹氏(和泉市教育委員会文化財振興課)
 (2) 報告(大学から)
   テーマ:「地域連携事業と自治体史編纂」
   報告者:坂江渉氏(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)
       村井良介氏(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)

5 内容
近年、地方公共団体の財政悪化等のため、資料調査が滞っている状況を耳にすること
が多い。

また身近な歴史遺産や史料などが散逸してしまった地域も少なくない。このような状況
を打開する方法の一つとして、大学と合同で資料調査をおこなう方法などが検討されて
いる。この例会では、自治体史編纂事業をとおして、自治体と大学の連携について考え
る。

自治体側から、市史編纂の当初から大阪市立大学と協同で古文書調査をおこなってい
る和泉市にご報告いただき、大学側から、さまざまなかたちで兵庫県内の自治体史に
関わっている神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターにご報告いただく。そし
て、2つの報告をとおして、自治体と大学の連携のメリットや問題点について考えてい
きたい。

第23回全国歴史資料保存利用機関連絡協議会全国(茨城)大会及び研修会

大会テーマ:アーカイブズの新時代へ-個性ある存在をめざして-

期日:2007年11月20日(火)、21日(水)、22日(木)
会場:茨城県立県民文化センター、茨城県立歴史館

共催:全国歴史資料補損利用機関連絡協議会
   茨城県教育委員会
後援:茨城県
   水戸市
   水戸市教育委員会

会場:1)研修会・研究会
     茨城県立県民文化センター
      〒310-0851 水戸市千波町東久保697 Tel:029-244-1166
   2)懇親会
     ホテルレイクビュー水戸
      〒310-0015 水戸市宮町1-6-1 Tel:029-224-2727
   3)視察
     茨城県歴史館
      〒310-0034 水戸市緑町2-1-15 Tel:029-225-4425

内容:1)研修会
   2)研究会
   3)視察
   4)機関会員刊行物・協賛企業展示
   5)懇親会

日程:
 11月20日
 09:30 受付(場所:1Fピロティー)
 10:00~12:00 研修会
     Aコース(場所:小ホール)
      アーカイブズ入門 講師:原由美子氏
     Bコース(場所:集会室1~4号)
      法からみる公文書館制度 講師:早川和宏氏
     Cコース(場所:集会室10号)
      歴史資料の保存・修復・活用と継承者の育成
       -NPO法人としての役割と可能性-
        講師:西村慎太郎氏

 12:00~13:00 昼食:休憩

 13:00~15:00 研修会
     Dコース(場所:小ホール)
      市町村公文書館の現状と課題
       -板橋区立公文書館を事例として-
        講師:鈴木直充氏
     Eコース(場所:集会室1~4号)
      公文書館の実務と一実務屋の視点:公文書の
       受入れ、評価選別、整理の現場から
        講師:富永一也氏
     Fコース(集会室10号)
      アーカイブズを次世代に-紙資料保存の
       新たな取り組み-
        講師:金山正子氏

 15:00~15:15 休憩
 15:15~17:15 総会(場所:小ホール)
 17:15~18:00 (懇親会場へバスで移動)
 18:00~20:00 懇親会(ホテルレイクビュー水戸)

 11月21日
 09:00~9:30 受付(場所:1Fピロティー)
 09:30~12:00 大会テーマ研究会[全体会I](場所:小ホール)
 09:30~09:45 趣旨説明 新井浩文氏
 09:45~10:45 報告I「日本のアーカイブズとその未来」
         松岡資明氏
 10:45~11:00 休憩
 11:00~12:00 報告II「茨城県立歴史館における公文書保存の現状」
         塩澤俊之氏

 12:00~13:30 昼食:休憩

 13:30~15:00 大会テーマ研究会[分科会]
     第1分科会(場所:小ホール)
        「みんなが足を運びたくなる文書館」をめざして
         -寒川文書館 この1年-
          高木秀彰氏
     第2分科会(場所:集会室1~4号)
        「次世代の考えるアーカイブズ像-自治体アーカイブズ
         設置に見る諸課題とその周辺-」
          富田健司氏
     第3分科会(場所:集会室10号)
        「JIA-KIT 建築アーカイヴズ設立とその将来」
          竺 覚暁氏

 15:00~15:30 休憩

 15:30~16:45 大会テーマ研究会[全体会II](場所:小ホール)
         全体討議
 16:45~17:00 閉会行事(場所:小ホール)

11月22日
 09:45~12:00 視察(茨城県立歴史館)

学習院大学大学院の入試情報

学習院大学大学院の「秋期入学試験、春期入学試験、博士後期課程」
が公表された。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/adm/adm/graduate/jinbun3.html
で確認して欲しい。

募金のお願い

募金のお願い

 新潟歴史資料救済ネットワーク
 http://hysed.human.niigata-u.ac.jp/rescue/

 新潟歴史資料救済ネットワークは、中越沖地震が起こった4日
後の2007年7月19日より被災地からの資料救済のた
め活動しています。

 歴史資料救済活動に伴う支出をまかなうため、私たちの活動に賛同し
ていただける皆様に募金をお願いしています。

 いただいた募金は、救済活動に際してのレンタカー(トラック)借り
上げ、梱包資材の購入、学生・院生ボランティアへの交通費補助などに
支出されます。どうかご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

口座番号 (郵便振替) 00570-6-57529
口座名称 新潟歴史資料救済ネットワーク

鈴江英一氏の北海道新聞への投稿

北海道新聞朝刊/「私の発言」欄/07.7.23掲載]

              元国文学研究資料館
              史料館長 鈴 江(すずえ) 英 一(えいいち)

 公文書は国民・住民の財産
公文書は、役所の都合で作成・保存されるものではなく、国民の財産として管理され
なくてはならない。その認識なくして、どうして民主的な行政執行ができるだろう
か。そういう私の考えを、自治体の人たちに話していたところ、社会保険庁の公的年
金記録の不備があからさまになった。
 記録不明の要因は、一九七九年の記録の電算化、オンライン化にあったという。カ
タカナを漢字に変換する際、システムに問題があったのを放置してきたためとのこと
である。社会保険庁当局の怠慢は批判されて当然であろう。しかし、それを私たちが
あげつらい、社会保険庁を解体することで問題が解決するのか、疑問が尽きない。
 問題の根底には、年金のみならず、年金記録もまた国民の財産であるとの認識が欠
けていたことにあるのではないか。台帳八十三万件が違法に廃棄されていたという事
実が、何よりの証拠である。
 記録の廃棄や喪失がなぜ起こったか、徹底検証しなければならない。その原因と経
過を明らかにするため、そして過誤を繰り返さないためにもまた、記録(公文書)が必
要なのだ。そもそも公的年金システムを構築する際の記録が適切に保存されているの
であろうか。心もとない。
 いま道内でも北海道立文書館に続き、札幌市が公文書館の設置を計画していると聞
く。道や市の公文書が、私たちの権利や自治体行政の足取りを明らかにできるような
形で保存されることを期待したい。
 公文書は、国民・住民の財産であることを、私たちははっきりと認識し主張すべき
である。それなしに、行政に民主的な執行を求めても、絵に描いたもちにすぎないと
自覚したい。(札幌)

シンポジウム「未来への遺産-重要文化財『京都府行政文書』の保存と活用-」

日程:
シンポジウム
 2007年8月26日(日) 10:00~16:30
 レセプション 17:00~19:30 ホテルグランヴィア京都 5階 古今の間
 (一般 7000円  学生・院生 5000円 代金は当日もらい受けます。要事前申し込み)

資料館見学・資料閲覧
 2007年8月25日(土) 要事前申し込み

場所:
シンポジウム
 キャンパスプラザ京都
 5階 第1講義室

 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル
 (JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側)
 TEL(075)353-9111・FAX(075)353-9121

資料館見学
 京都府立総合資料館

 交通機関
 JR京都駅から⇒地下鉄烏丸線北山駅下車
 四条烏丸から⇒地下鉄烏丸線北山駅下車

プログラム:
午前
 10:00~10:20 京都府行政文書の紹介など
 10:20~10:30 挨拶
 10:30~11:20 基調講演(高山正也氏:国立公文書館理事)
 11:20~11:40 近代行政文書研究の諸課題(小林啓治)
 11:40~12:00 近代史研究と行政文書(飯塚一幸)

午後
 13:30~13:50 文化財としての京都府行政文書(石川登志雄)
 14:50~14:10 近代行政文書のための保存科学(稲葉政満)
 14:10~14:35 近代行政文書の保存と修復(金山正子)
 14:30~14:45 休憩
 14:45~16:30 ディスカッション

報告概要:
・基調講演(高山正也氏:独立行政法人国立公文書館理事)
・近代行政文書研究の諸課題(小林啓治:京都府立大学准教授)
   総論として、科研費研究の目的と活動をまとめ、この研究で得られた成果を総括する。
   その上で、このシンポジウムでの論点を提示する。
・近代史研究と行政文書(飯塚一幸:大阪大学大学院准教授)
   近代地域史研究の視点から、京都府行政文書の資料群としての特徴を、他県に残されて
   いる近代行政文書との比較から検討する。
・文化財としての京都府行政文書(石川登志雄:京都造形芸術大学准教授)
   日々閲覧される重要文化財、という特殊な状況にある「京都府行政文書」を文化財保護
   法の概念をふまえつつ保存・活用するには、どのようなシステムの構築が必要かを論じ
   る。
・近代行政文書のための保存科学(稲葉政満:東京芸術大学大学院教授)
   近代紙資料の保存可能期間の予測を前提に、大量資料の保存戦略と文化財保護法による
   保存法とのギャップを取り上げて問題提起を行う。
・近代行政文書の保存と修復(金山正子:元興寺文化財研究所 記録資料調査修復室長)
   京都府行政文書にみられる劣化症状を分析し、それをもとに近代行政文書にふさわしい
   修復方法について述べる。
※ 京都府立総合資料館・山口県文書館担当者からの発言
   重要文化財指定の行政文書を所蔵し、日々運用している立場から、各館の担当者がディ
   スカッションの最初に発言の予定。

ポスター報告
・入山洋子 京都府行政文書 保存・劣化状態概要調査の報告
・海野彰子 京都府行政文書に使用された紙の劣化調査―pH測定による現状把握―
・小森崇弘 行政文書における用紙の変遷
・白川哲夫 京都府行政文書にみる霊山護国神社(招魂社)のあゆみ
・長澤一恵 舞鶴港第2期修築事業―昭和初期の大陸・朝鮮半島-舞鶴-畿内を結ぶ
  地域復興のとりくみ―
・田中希生 国体と国民精神文化講習所
・櫻澤 誠 京都府行政文書にみる戦後「自治会」の再構成について―「町内会部落
  会指導者講習会」を中心に―
・後藤 真 デジタル・アーカイブ化によって見えた近代のアーカイブズ像―近代史
  料を含めた新たな史料学の射程―

問い合わせ:
資料館見学・レセプション参加をご希望の際は、お名前・所属・連絡先をご明記の上、
 こちらにお申し込みください。

※専用メールアドレス
 kyoto.archives@gmail.com(@マークが全角になっています。)

※京都府立総合資料館
 〒606-0823
 京都市左京区下鴨半木町1-4
  ・歴史資料課 電話:075-723-4836 FAX:075-791-9466
  ・ウェブサイト 京都府立総合資料館 Kyoto Prefectural Library and Archives

学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻

学習院大学大学院人文科学研究科ではアーカイブズ学専攻を新設する。現在の所は、申請中だ。これについては
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/top/course_2008/index.htmlで読める。また、このための説明会が下記の要領で行われる。

2007年8月4日(土)14時~16時

於 学習院大学西2号館

美術史学専攻…西2号館5階504号室
アーカイブズ学専攻…西2号館5階505号室
身体表象文化学専攻…西2号館5階506号室

【問い合わせ先】
〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
TEL:03-3986-0221 FAX:03-5992-9245
学習院大学文学部長室

これについてはhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/top/news/20070711_11.htmlで見ることができる。
------------------------------------------------------------------------
ついにというか、大学院でのアーカイブズの教育が始まろうとしている。なお、どの様な授業があり、どの様な人が教えるのかについては、『アーカイブズ学研究』第6号に広告が出ている。これからどの様に進展していくのか、注目される。

シンポジウム「震災資料の保存と活用-文書館・図書館・博物館-」

日時:2007年12月8日(土)13時~17時
会場:新潟大学総合教育研究棟D棟1F大会議室
主催:新潟大学災害復興科学センターアーカイブズ分野
共催:新潟大学附属図書館ほか

報告
神戸大学附属図書館震災文庫の取り組み
 神戸大学附属図書館        岡風呂賢氏・田原勝典氏
長岡市立中央図書館文書資料室の震災資料の保存と活用の取り組み
 長岡市立中央図書館文書資料室   星純子氏
『新潟県中越大震災文献速報』の作成と課題~新潟県立図書館の取り組み~
 新潟県立図書館          野沢篤史氏
震災民具救済の実例及び反省と今後の課題
 新潟県立歴史博物館        野堀正雄氏

火垂るの墓を歩く会

□□□戦争の歴史をたどる、見学会のお知らせ□□□
火垂るの墓を歩く会
 野坂昭如氏の小説『火垂るの墓』の舞台となったゆかりの地を歩きながら、
戦争の歴史について学ぶ「火垂るの墓を歩く会」。      
 第9回目となる今年は、御影~六甲道を歩きます。 
 児童・生徒の皆さんの参加も歓迎します。

日 時 2007年8月5日(日)午前9時30分~12時頃
  2007年8月7日(火)午前9時30分~12時頃
   (2日間とも同じプログラムで実施します)
コース 午前9時30分、阪神御影駅改札口北側集合 → 石屋川公園
(火垂るの墓モニュメント)→ 御影公会堂 → 御影高等学校
(屋内にて解説の時間を設けます)→ 成徳小学校 → JR六甲道(解散)
説 明  火垂るの墓について/空襲について
参加費 資料代200円をいただきます。
主 催 「火垂るの墓を歩く会」実行委員会
協 力 歴史資料ネットワーク(神戸大学文学部内)
参加方法 申し込み不要です。両日とも、午前9時30分までに、集合場所の阪神御影駅
改札口北側にお越しください。
主催/問い合わせ先
火垂るの墓を歩く会実行委員会 
TEL080−5352−1860
mail kaeru-amano@hcc5.bai.ne.jp
HP  http://hccweb1.bai.ne.jp/koko-legend/hotaru/
--------------------------------------------------------------------
アーキビストとはちょっと違うようだが、まぁ、関連団体の主催と言うことで、紹介します。このような催しは、継続することにも意味があると思う。参加した小学生が主催者側に回るような事態を想像してみたくなる。

アーカイブズ関係機関協議会設立

2007年5月23日にアーカイブズ関係機関協議会が設立されました。
参加しているのは
ARMAInternational 東京支部
企業史料協議会
記録管理学会
独立行政法人国立公文書館
日本アーカイブズ学会
社団法人日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)
日本歴史学協会国立公文書館特別委員会
(オブザーバー)全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
事務局(国立公文書館)
です。

この日の会合の様子は、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会のトップページの
「お知らせ」からのリンクで見ることができます。
---------------------------------------------------------
ちょっと前に設立されたのだが、全然知らなかった。全国歴史資料保存利用機関連絡協議会のサイトで当日の様子がわかるのはいいのだが、「別添資料」があまり一般的でないファイル形式なっているのが残念だ。もうちょっと考えて欲しかったと思う。

ユビキタス・メディア: アジアからのパラダイム創成

堀場国際会議
ユビキタス・メディア: アジアからのパラダイム創成
—The Theory Culture & Society 25th Anniversary

会期: 2007年7月13日(金)~16日(月・祝)
場所: 東京大学 本郷キャンパス 安田講堂・工学部2号館

詳しいことはhttp://www.u-mat.org/jpn/index.htmlでご覧ください。
-------------------------------------------------------
意欲的な国際会議だ。それはいいのだが、広報のサイトがわかりにくい。もうちょっと何とかならないものか。

国立科学博物館シンポジウム「アーカイブと文化の継承」

国立科学博物館シンポジウム「アーカイブと文化の継承」
 ~高度情報社会に求められる人材~

開催日:2007年7月23日(月)
開催場所:国立科学博物館 講堂 東京台東区上野(JR上野駅下車 上野公園)
定員:150名(先着順)
会費:1,000円(資料代を含む)

主催:独立行政法人国立科学博物館、NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構
共催:岐阜女子大学
後援:財団法人日本博物館協会、全国科学博物館協議会
   日本教育情報学会、常磐大学、奈良産業大学
特別協力:財団法人学習ソフトウェア情報研究センター

 情報社会の発展とともに、これまでの古文書の記録管理から、多様な分野の資料のデジタ
ル・アーカイブ化の重要性が高まってきました。
 とくに我が国が、社会の情報基盤としてデジタル・アーカイブズを構成するためには、文
化資料を正しく理解し、著作権等の知的財産の保護、メディアの流通・活用・新しい文化創
造の能力をいかに育成するかにかかっています。
 このため今回、博物館・メディア関係者、教育関係者により、文化の継承とアーカイブの
発展のために必要とされる人材についてシンポジウムを開催することになりました。
 ぜひ多数の方々に参加していただきたく、ご高配賜りますことをお願い申し上げます。

午前の部:10時~12時
シンポジウム:アーカイブと文化の継承~高度情報社会に求められる人材~

コーディネータ:佐々木正峰 国立科学博物館長(元文化庁長官)
シンポジスト:甲野正道 文化庁 著作権課長
       早川信夫 NHK解説委員
       後藤忠彦 岐阜女子大学副学長

     12時~13時30分 国立科学博物館 見学・昼食

午後の部:13時30分~16時
講演・発表
・デジタル・アーキビストの養成~文部科学省現代GPによる~
   谷口知司(岐阜女子大学)
・教育における著作権処理の方法
   坂井知志(常磐大学)
・放送番組のデジタル・アーカイブ化
   濱崎好治(川崎市民ミュージアム)
・国立科学博物館のデジタル・アーカイブ活用
   井上透(国立科学博物館)
・デジタル・アーキビスト資格付与の進捗状況
   岡行輔(NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構)

お申込み方法
  氏名、住所、所属を明記の上、E-mail又はFAXでお申込みください。

申込み・お問い合わせ先
 特定非営利活動法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構
  〒160-0012 東京都新宿区南元町23番地
          公立共済四谷ビル4階
   TEL:03-5919-3403 FAX 03-5919-3402
   E-mail:npo@gakujoken.or.jp
-----------------------------------------------------------
デジタル・アーキビストについての集まりだ。いよいよデジタル・アーキビストが本格的に動き出すのだろうか。

文字・活字文化シンポジウム「コミュニティ文化と図書館」

財団法人 日本文化生涯学習振興会21 文字・活字文化振興事業
             文字・活字文化シンポジウム(全5回)
第3回文字・活字文化シンポジウム「コミュニティ文化と図書館」

日時:2007年7月28日(土) 13:00~16:00(開場12:30)
会場:中央工学校STEPホール(東京都北区岸町)
参加費:一般2,000円 学生1,000円(要学生証) <資料代込み>

申込:(要申込、詳しくは、同会のサイトをご参照下さい。)
     http://www.bunka21.com/tosho_symposium3.htm

プログラム
第1セッション
13:00 基調講演「情報文化の基盤となる図書館」
 講師:高山正也氏(国立公文書館 理事)(慶應義塾大学 名誉教授)
第2セッション
13:50 現場報告「武蔵野市図書交流センターの試み」
 講師:木谷真貴氏(武蔵野市図書交流センター センター長)
第3セッション
14:40 パネルディスカッション「新たな情報基盤の創造;博物館、図書館、文書館の連携」
 パネリスト:
  高山正也氏
  木谷真貴氏
  橋本善八氏(世田谷美術館 美術担当課長)

 コーディネーター:波多野宏之氏(駿河台大学 文化情報学部教授)

質疑応答

*都合により講師の先生方に変更がある場合があります。
------------------------------------------------------------
高山氏の退職記念論集にちなんだ企画だ。ユニークな性格の本だけに、内容の濃い集まりになりそうな気がする。

アーカイブを学ぶ:東京大学大学院講義録「アーカイブの世界」

小川千代子+阿部純
大川内隆朗・鈴木香織・研谷紀夫 著

2007年3月刊
B6判・210頁・並製本
ISBN978-4-87294-465-5 C0004 \2000E
2000円 (税別)

【主要目次】
 
第1部アーカイブを知る
 1 アーカイブとは
 2 記録とは
 3 情報と記録の発生と蓄積
 4 文書事務の基礎知識
 5 文書館の諸原則
 6 文書のライフサイクル

第2部 アーカイブを歩く
 1 東京大学大学史史料室(谷本宗生+学生レポート)
 2 国立公文書館(小川千代子+学生レポート)
 3 板橋区公文書館(三浦喜代+学生レポート)

第3部 アーカイブを問う
 1 日本の文書館の法制
 2 電子記録の保存とデジタルアーカイブ
 3 アーキビストの倫理を考える

第4部 アーカイブを考える
 1 国立公文書館設立をめぐる政治(阿部 純)
 2 民間記録(鈴木香織)
 3 知的財産権と公文書(大川内隆朗)
 4 アーカイブの建築(研谷紀夫)
 5 東京大学大学院情報学環のアーカイブズ(研谷紀夫・小泉智佐子・山本拓司)

残すということ
-----------------------------------------------------------
授業の性格もあるが、アーカイブズについての入門書である。授業用のノート等が下敷きになっているので、読みやすい。それにしても、アーカイブズに始めて触れた若い人たちの感想が初々しい。

日仏会館図書室友の会公開講演会

第35回新自由主義とは何か
 -新自由主義の歴史的起源とフランス-

 グローバル化時代の世界経済を支配しているかに見える「新自由主義」は、
一般に英米に起源を発する「市場原理主義」とされているが、実際にはフラン
スがその理論と政策の開発に大きくかかわっていた。

この講演では、哲学者ルイ・ルージエの個人文書や、財務官僚で経済学者のジ
ャック・リュエフの個人文書(アルシーヴ・ナシオナルに寄託)など個人文書
を用いた歴史研究の方法自体についても触れる。

講師:権上康男氏(ごんじょう やすお)
(横浜商科大学教授・横浜国立大学名誉教授)

日時:2007年6月16日(土)18:15~
場所:日仏会館601会議室
共催:日仏会館フランス事務所
   日仏図書館情報学会

アクセスお問合せ:日仏会館図書室 (月~土 10:30~18:00)
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 Tel: 03-5421-7643

記録管理学会2007年研究大会

大会テーマ:コンプライアンスのための記録管理

[プログラム]
◆第1日 6月8日(金)
10:15 ヤマハ(株)グランドピアノ工場見学(先着20名)
   (ヤマハ(株)本社工場来客会館に集合) http://www.yamaha.co.jp/
    TEL:053-460-2901
13:30 受付開始
14:00 総会
   一般報告、2006年度活動報告、2007年度活動計画
   記録管理業務功労賞表彰
(休憩10分)
15:10 研究助成金対象研究発表
(1)田嶋知宏「アーカイブズにおけるサービス業務の検討-記録という情報に着目して」
(2)清水恵枝「公文書館の概念変化について-歴史資料の保存庫から情報公開の窓口へ」
(休憩20分)
16:30 特別講演 小林秀之氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)
「記録管理のコンプライアンスと証拠収集」
18:00 終了
18:15 - 20:00 懇親会 会場:「静岡大学生協食堂」

◆第2日 6月9日 (土)
9:00 受付開始
9:30 会員研究発表
時間     発表者            テーマ
9:30~10:00  古賀崇(国立情報学研究所)、  国際連合における記録管理の現状と課題
       小川千代子(国際資料研究所)
10:00~10:30 八重樫純樹(静岡大学情報学部) 情報資源化と共有化
10:30~1:00  田引淳子(静岡市立清水病院)  医療の質の向上のための記録管理
(休憩15分)
11:30 特別発表「ヤマハの歴史と経営システムの変遷」
         栗岡久幸氏(ヤマハ(株)総務部来客会館館長)
(休憩15分)
12:20 閉会式

詳しいことは記録管理学会のページでご覧下さい。

全史料協近畿部会平成19年度(通算第15回)総会及び第89回例会のお知らせ

 皆様におかれましては、益々御清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)近畿部会第15回総
会及び第89回例会を下記により開催しますので、多数ご参加下さいますよう
御案内申し上げます。

平成19年度(第15回)総会(会員のみ参加)
日時:平成19年5月30日(水)午後1時30分~2時30分
場所:兵庫県民会館 303号室(神戸市中央区下山手通4-16-3)
      Tel:078-321-2131

議題:
 平成18年度事業・決算・監査報告
 第8期(平成19・20年度)役員選出
 平成19年度事業計画・予算案
 など

第89回例会(参加自由・無料)
日時:平成19年5月30日(水)午後2時40分~4時45分
場所:兵庫県民会館 303号室(上記総会終了後、同会場で開催)
テーマ:近現代行政文書の保存と活用について-埼玉県立文書館の事例から-
報告者:埼玉県立文書館  原 由美子氏

<会場地図>
・JR,阪神「元町駅」より徒歩7分
・地下鉄「県庁前駅」右へ50m


連絡先:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会
事務局:和歌山県立文書館 (担当:藤)
〒641-0051和歌山市西高松一丁目7-38
TEL 073-436-9540
FAX 073-436-9541

全史料協関東部会総会及び講演会のお知らせ

1.日時 2007年5月23日(水) 午後1時30分から4時30分まで(午後1時受付開始)
2.会場 表参道・新潟館ネスパス
     東京都渋谷区神宮前4-11-7 TEL:03-5771-7711
3.交通 JR山手線「原宿駅」、徒歩10分
4.日程等
  (1)総会 午後1時30分~2時50分
    1.平成18年度事業報告、決算報告、監査報告について
    2.平成19年度事業計画案、予算案について
    3.その他
  (2)講演会 午後3時~4時30分
     演題:「地域社会と文書館-徳島からの発信-」
     講師:立石恵嗣氏(徳島県立文書館)
5.申込み 申込書に記入の上、5月18日(木)までに関東部会事務局あて
      FAXまたはEメールにてお申し込みください。参加費は無料
      です。なお、総会資料等は事前送付しますので、当日は資
      料を御持参のうえ御出席してください。

連絡先(5月23日まで)
〒241-0815 横浜市旭区中尾1-6-1 神奈川県立公文書館内
全史料協関東部会事務局(石原、菊池、上田)
電話:045-364-4456 FAX:O45-364-4459
Eメール:kobun.0219@pref.kanagawa.jp

国有林史料をめぐる研究会

日時:2007年5月19日(土)13:30~16:30
会場:東京大学農学部1号館2F 8番講義室
参加費:500円
主催:林業経済学会、地方史研究協議会、徳川林政史研究所
共催:日本農業史学会、林業経済研究所

テーマ:「国有林史料の保存と活用にむけて」
座長:脇野 博(秋田工業高等専門学校)
第1報告:「国有林史料の保存経緯と所在調査」加藤衛拡(筑波大学)
第2報告:「官林の直轄化と秋田県」成田雅美(筑波大学)
第3報告:「御料林の形成・展開と木曽地方」田原 昇(徳川林政史研究所)
第4報告:「九州森林管理局調査と所蔵史料の特徴」太田尚宏(徳川林政史研究所)

詳細は林業経済学会のページでご覧下さい。
------------------------------------------------------------------
林業関係、と言うのが珍しい気がするのは、こちらが知らなかっただけなのだろう。有意義な報告が並んでいる。

全史料協資料保存研修会の開催

1.テーマ:合併の中で変貌する市町村の軌跡を残すために
       ~歴史資料の評価をめぐって~
2.日時:2007年6月18日(月)午後1時~4時30分
3.会場:サンポートホール高松第54会議室(5階)
     (香川県高松市サンポート2番1号 Tel:087-825-5000(代)
4.主催:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 資料保存委員会
5.目的: 平成の大合併により、市町村数は3300余から1800余
     自治体へと大変貌を遂げました。そうしたなか新市町村では、
     旧市町村の公文書等の保存と収集への取り組みがはじまってい
     るところです。
      この課題に対し全史料協では、評価基準の策定を試み、それ
     がどう実際にあてはまるかを議論しようとするものです。
6.日程:
    13:00 開会あいさつ 全史料協資料保存委員長
    13:35 「歴史資料の評価基準策定に際しての着眼点について」
            報告者:小川千代子
    ~休憩~
    15:00 「三豊市における旧町公文書の保存と収集について」
            報告者:三豊市総務課文書担当
    16:30 閉会あいさつ
7.参加費:無料
8.お申込:不要(直接会場へお越しください)
9.連絡先:資料保存委員会事務局(香川県立文書館) 担当:田村・岡田
       〒761-0301 香川県高松市林町2217-19
       Tel:087-868-7171 Fax:087-868-7198

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)