テーマ:学び舎の記録遺産−学校資料の保存・活用を考える−

 第296回研究会では、重要な資料群である学校資料をテーマに据えます。
学校資料については、近年、地域博物館や、アーカイブズ学・教育史学など
の学会で議論が拡散しつつあり、資料保存・文書管理の観点からも諸課題を
集約・整理する必要があると考えられます。学校資料がどのように現場で扱
われ、保存もしくは廃棄され・散逸してしまったのかなどの実態にもふれた
いと考えています。
 報告1では、富田健司氏が学会や資料保存現場において、これまで学校資
料についてどのような形で議論され、その経過から学校資料の保存をめぐる
諸課題を整理し提示します。なお、利用に関しても若干言及します。
 報告2では、中根賢氏が事例として「神奈川県教育史(戦後編)」の資料
所在調査から、学校資料がおかれている現状を踏まえ、資料を残す具体的な
方法や保存・活用の方向性について報告します。
 両氏からは、学校統廃合時における資料の保存や、学校における文書管理
と学校におけるアーカイブズとの関係性などについても報告などで言及いた
だき、今後資料保存の現場からどのように学校資料にアプローチすべきか、
その方策を提起し、参加者との情報共有を目指すものとしたいと考えていま
す。
 本研究会で使用する「学校資料」という文言の定義は、富田健司氏が提唱
した「国民の教育を受ける権利を保障するために、人的(職員)・物的(施
設・設備)要件等が整備され、意図的かつ計画的な目的の下に継続的に教育
を行う組織が、組織経営及び組織の立地する周辺環境下で生活する人々(園
児、児童、生徒、保護者、学区住民、教育委員会関係者等)と何らかの関係
性を形成する中で作成、制作あるいは収集されてきた資料の総体で、現に学
校に所在するもを」を使用しました。
 なお、本定例研究会は、神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会との共催企
画です。

1.日時:2018年7月27日(金)13時30分より(13時受付開始)
2.場所:神奈川県立公文書館 大会議室
     〒335-0021 神奈川県横浜市旭区中尾1−6−1
     相鉄線「二俣川駅」北口より徒歩17分
3.内容 ○報告1 「学校資料の保存活用−その歴史的展開を振り返る」
            富田 健司氏(芳賀町)
     ○報告2 「学校資料を残すには−「神奈川県教育史(戦後編)
           の資料所在調査から−」
            中根 賢氏(神奈川県立総合教育センター)
     ○質疑応答・議論  ※終了後、有志による情報交換会を予定しています。
4.参加費 全史料協関東部会員、神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会:無料
      非会員:資料代として500円
5.申込方法 7月20日(金)までに事務局に申込みください。
       メールの場合、氏名または名称(関東部会機関会員、個人会員、
       非会員明記)、参加者氏名(ふりがな)、参加の意向(総会(会員のみ)、
       講演会、情報交換会(懇親会))、所属機関の名称又は連絡先の名称
       (自宅か)、所属機関の所在地又は連絡先の住所)をお知らせください。

主催:全史料協関東部会 共催:神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会
事務局:群馬県立文書館(担当:鈴木・長谷川・大谷)
    〒371-0801 群馬県前橋市文京町3-27-26 電話:027-221-2346
    jsaikantobukai_at_archives.pref.gunma.jp

全史料協関東部会:http://www.jsai-kanto.jp/

(小林)