-湯山賢一. 古文書の研究: 料紙論・筆跡論. 青史出版, 2017, 254p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第一章=古代・中世史料概説
 一 古文書・古記録概論
 二 天皇の書
第二章=古文書料紙論
一 和紙の始まり
 二 料紙論と和紙文化
 三 我が国に於ける料紙の歴史について- 「料紙の変遷表」覚書-
 四 「鳥獣人物戯画」の料紙について
 五 博物館資料としての古文書
 六 古代料紙論ノート-『延喜式』にみる製紙工程をめぐって-
 七 古文書修理の歴史と現在
 八 深堀時行和与状にみる文書の相剥について
第三章=筆跡論への視角
 一 筆跡論への視角
 二 疑文書と料紙
 三 武家文書の伝来と保存-上杉家文書を中心に-
 四 『摂関家旧記目録』について
料紙関係用語索引
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.seisi-shuppan.co.jp/komonjonokekyu.htm

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

(小林)