-倉本一宏編. 日本人にとって日記とは何か. 臨川書店, 2016, 276p, (日記で読む日
本史, 1).
主な内容は以下の通りです。
----------
はしがき 倉本一宏
第一部 日記と歴史
 第一章 日記が語る古代史  倉本一宏
 第二章 日記が語る中世史  松薗 斉
 第三章 日記が語る近世史  石田 俊
 第四章 幕末の遣外使節日記  佐野真由子
 第五章 日記が語る近代史  奈良岡聰智
第二部 日記と文学・言語
 第六章 日記から『源氏物語』へ・『源氏物語』から日記へ  久富木原玲
 第七章 日記と和歌  阿尾あすか
 第八章 日記文学と言語学  カレル・フィアラ
第三部 日記を書くことと読むこと
 第九章 日記と教育  井上章一
 コラム 倒木の声を聴く  富田 隆
あとがき  倉本一宏
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04341-6.htm

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

(小林)