標記のワークショップが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、メタデータ基盤協議会のサイトをご参照ください。
http://www.mi3.or.jp/news/10.html
----------
開催日時:2018年11月9日(金) 13時 ~ 18時 (受付:12時30分より)
 ワークショップ終了予定時刻は17時まで。その後会場内(18時終了予定)で名刺交
換や意見交換の御時間を設けさせていただきます。
 会終了後、会費制にて交流会を開催する予定です。
開催場所:NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI
 (東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル)
 https://www.toppan.co.jp/nippongallery/
主催:筑波大学・図書館情報メディア系
後援:総務省(申請中)、一般社団法人メタデータ基盤協議会(開催事務局)
協力:凸版印刷株式会社、インフォコム株式会社
参加費 :無料(定員 約50名)
ワークショップ内容
講演
柴山明寛(東北大学・災害科学国際研究所 准教授)
「東日本大震災から7年半経過したみちのく震録伝の今後の役割について」
国立国会図書館 講演調整中
ライトニングトークとディスカッション
三原鉄也(筑波大学図書館情報メディア系 特任助教)
「アーカイブ間をつなぐ - 地名でつなぐ、作品でつなぐ」
勝又正秀(スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課 課長)
「スポーツ・デジタルアーカイブ構想について」
原正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)
「地域研究資源の保存と共有化に関する試み」
柳与志夫(東京大学情報学環 特任教授)
「デジタルアーカイブ学会のこれからの課題」
モデレータ
杉本重雄 筑波大学図書館情報メディア系 教授 
その他
 今回会場であるNIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHIの施設見学を企画中で
す。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

(小林)