標記の研究集会が開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、日本アーカイブズ学会のサイトをご参照ください。
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=329
----------
日 時:2018年12月8日(土)13時半
会 場:学習院大学 西2号館501教室
主 催:日本アーカイブズ学会
 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻
 国文学研究資料館基幹研究「アーカイブズと地域持続に関する研究」
 科学研究費17K03053「20世紀の日本・イタリア・バチカンにおける民間所在資料や
地方公文書の管理」 
共 催:学習院大学文学会
次第
13:30-13:40  開会挨拶 大友一雄(日本アーカイブズ学会 会長)
13:40-15:10  報告1 <逐次通訳付>
クラウディア・サルミーニ(国立トリエステ文書館前館長、ヴェネト文書・図書保護局)
「イタリアの地域持続におけるアーカイブズやアーキビストの役割」
15:10-15:40  報告2
松本純子(文化庁 企画調整課)
「文化庁における史料保存事業等の概要と文化行政・文化財保護行政の近年の動
向」
15:40-16:10  報告3
渡辺浩一(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
「地域資料保存活用のなかのアーキビスト」
16:10-16:40 質疑応答
司会:太田尚宏(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
逐次通訳:湯上 良(質疑応答含む)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

(小林)