標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、国立西洋美術館のサイトをご参照ください。
https://www.nmwa.go.jp/jp/events/index.html?fbclid=IwAR34xg8mzcLwdg0kEmZekyVmEtV_x8hIjG5QcA6ZEs5akHKMkjaiExXk1X4#2019catalogue_raisonne
----------
日時:2019年7月10日(水)10:00~17:30
会場:国立西洋美術館講堂(地下2階)
主催:ウィルデンスタイン・プラットナー研究所、国立西洋美術館
料金:無料(展覧会鑑賞は含まれません。展覧会ご鑑賞には別途観覧券が必要で
す。)
定員:先着90名(事前申し込みが必要。)
使用言語:日・英(同時通訳つき)
登壇者、発表内容:
・エリザベス・ゴレイエブ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所所長)
「ウィルデンスタイン・プラットナー研究所──デジタル世代に向けての新しいカタログ
・レゾネとアーカイヴ調査」
・フロランス・ソニエ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所パリ事務所長)、ソフィ・ピ
エトリ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所アーカイヴ部門長)、パスカル・ペラン
(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所研究部門長)
「アーカイヴと資料、ドキュメンテーション──デジタル時代における収集・分析・活
用」
・ポール=ルイ・デュラン=リュエル(デュラン=リュエル画廊アーカイヴ)
「デュラン=リュエル画廊とそのアーカイヴ」
・陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員)、川口雅子(国立西洋美術館情報資料
室長)
「ミュージアム・ドキュメンテーションと『松方コレクション 西洋美術全作品』編纂」
・山梨絵美子(東京文化財研究所副所長)
「矢代幸雄の東洋美術総目録構想とデジタル時代の美術アーカイヴ」
・竹内順一(東京芸術大学名誉教授/茶道美術史家)
「空前絶後のカタログ・レゾネ『大正名器鑑』──茶道具名物記の歴史を踏まえて」
内容は予告なく変更となる場合があります。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)