学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻では、2019年12月7日(土)
に、講演会を以下のとおり開催します。

日時 2019年12月7日(土)午後3時~5時30分
会場 学習院大学 中央棟 301(JR山手線目白駅下車3分)
申込不要(誰でも参加可能)
主催 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻
共催 学習院大学文学会
協力 科学研究費 挑戦的研究(萌芽)18K18528「国際化、情報化環境における
歴史資料の公共的利活用と管理に関する基礎的研究」(代表者 岡崎敦)
後援 内閣府、独立行政法人国立公文書館、日本アーカイブズ学会
開催趣旨
 日本がモデルの一つとしてきたフランスにおけるアーキビスト養成や国の機関
等へのアーキビスト派遣制度等について、多方面からより深い理解を構築するこ
とを目指します。
 このため講演内容を日本語に全訳して配布するとともに、フランス語でプレゼ
ンテーションを行っていただいたのち、フロアを交えて十分な質疑応答を行いま
す。

第1部: ご講演(45分)オリヴィエ・ポンセ教授(フランス国立文書学校)
 演題「フランスにおけるアーキビスト養成(過去、現在、未来):学問的、社
会的および政治的課題
第2部: 質疑応答(90分) ※フロアを交え、質疑応答を行う。
 <翻訳・通訳> 岡崎 敦 教授(九州大学大学院人文科学研究院)

詳細については、下記サイトをご覧ください。
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

(小林)