標記のワークショップが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、メタデータ基盤協議会のサイトをご参照ください。
http://www.mi3.or.jp/news/11.html
----------
開催日時:2020年2月21日(金) 13時 ~ 17時 (受付:12時30分より)
 会終了後、会費制にて交流会を開催する予定です。
開催場所:東北大学災害科学国際研究所棟
 (仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
-会場地図は下記URLを御参照ください。
 http://irides.tohoku.ac.jp/access/index.html
主催:筑波大学・図書館情報メディア系、東北大学災害科学国際研究所みちのく震録

後援:総務省(申請中)、メタデータ基盤協議会(開催事務局)
協力:インフォコム株式会社
参加費:無料
 定員に達した場合、御遠慮いただくことがございます。
プログラム
第一部 話題提供
・地域のデジタルアーカイブをどのようにジャパンサーチとリンクさせるか
 国立国会図書館  ご担当者様より
・地方創生とデジタルアーカイブ ~災害アーカイブの利活用について~ (仮題)
 柴山明寛(東北大学災害科学国際研究所 准教授)
・ディジタルアーカイブの視点から公文書管理と保存を考える
 杉本重雄(筑波大学 名誉教授)
第二部 フリーディスカッション
 内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)