-原田健一; 水島久光編著. 手と足と眼と耳: 地域と映像アーカイブをめぐる実践と研
究. 学文社, 2018, 328p.
主な内容は以下の通りです。
----------
I デジタルアーカイブをどうデザインするか
 1. ソーシャル・デザインとしてのデジタルアーカイブ(水島久光)
 2. 地域の知の再編 「地域デジタルコモンズ」の実現に向けて (前川道博)
 3. 「可能現実存在」としてのデジタルアーカイブの作法(原田健一)   ─新潟
大学地域映像アーカイブ映像データベースと新潟県立図書館郷土新聞画像データ
ベースの統合をめぐって
II. アーカイブの実践と地域
 4. 「ゆうばりアーカイブ」がつなぐもの(水島久光) ─地域映像アーカイブの構築
と活用に関する課題
 5. 地域社会における近い過去の歴史表象の意味(浅岡隆裕)
 6. 地域ネットワークの集積拠点(ハブ)を構築する(板倉史明)   ─アーカイブと
大学の連携活動から
 7. エフェメラメディアを凝視する(石田佐恵子) ─萬年社アーカイブ・CMデータベ
ースの事例から
 8. 教育と研究におけるアニメ中間素材のアーカイブ化 (キム・ジュニアン,石田
美紀)
 9. 「村の肖像」制作の現場から(榎本千賀子) ─福島県大沼郡金山町における
映像アーカイブ構築
 10. 「コミュニティ」の映像 (原田健一) ─地域・メディア・研究をつなぎ直す
III. アーカイブするための方法と学習 
 11. 記憶のトリガー (松谷容作)  ─映像アーキビスト養成のための一提言
 12. デジタル映像アーカイブを使ったワークショップの試み (北村順生)
 13. 郷土を調べる子どもたち(佐藤守弘)  ─『北白川こども風土記』と<アーカイ
ブする実践>
IV 領域横断的分析 ─荻野茂二フィルムをかこむ複数の手と眼差し
 14. 共同作業による映像研究(原田健一・水島久光)
 15. 工房としての荻野茂二(原田健一)  ─多産な映像器械の産出構造
 16. 欲望の居所をつくる(榎本千賀子)  ─荻野茂二とオギノ8ミリ教室
 17. 『愛好家』の映像アーカイブ(小河原あや)  ─荻野茂二をめぐる「公-私」の
視点から
 18. 近代都市と労働者へのまなざし(北村順生)  ─荻野茂二と能勢克男の場合
 19. ミクロな映像を“群”として視ることでわかる“意味”(椋本輔)
 20. 荻野茂二と「映画」との距離について(水島久光)
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.gakubunsha.com/book/b356546.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)