山形県内の歴史系諸分野関係者の皆さまへ

 このたびの東北太平洋沖大地震にあたって諸対応ご苦労様です。
 太平洋側の甚大な被害については、皆さまご周知のところかと存じます。人命救助
も、避難所の支援も、まだまだ不十分な状況が続いております。しかし、事態は刻一
刻と変化しております。間もなく県内でも公共交通、ガソリン供給が回復する見込み
です。
 この甚大な被害の中に、宮城や福島では文化財レスキュー活動の準備を進めてい
るところです。私たちは、東北の仲間として、同じ歴史系諸学問を学ぶ仲間として、物
心ともに、可能な限り、宮城福島岩手などの仲間を支えていきたいと考えております。
 このたび、この支援活動の実施に当たって、下記の通り会合を催したいと考えており
ます。これまでの被災情報などを報告し、現地の課題などをご報告した上で、皆さまの
お力、お知恵をお借りして、これからの取り組みを相談して参りたいと考えております。
 これまでは研修や情報提供でございましたが、今回はわずか数10キロ先の現実の、
直面する課題です。私たち一人一人の手に、東北の歴史遺産、文化財の命運が掛か
っております。
 専門、組織、肩書、知識の有無その他、問うものはございません。目的は、ただ一点
「協力して文化財を救済する」だけです。個人、組織を問いません。どうか、参集よろ
しくお願いいたします。

        記
日時:3月26日(土)14:30~16:30
場所:県立博物館講堂
内容:(1)被害の速報
   (2)宮城ネット、福島ネット、各地の資料保存ネットの状況
   (3)山形ネット事務局の提案
   (4)山形の活動方針及び具体的行動の検討
   (5)その他

      平成23年3月20日
      山形文化遺産防災ネットワーク幹事会

山形文化遺産防災ネットワーク 事務局
小林貴宏
山形県東置賜郡高畠町大字高畠1348-1 201
DQB00442※nifty.com
090-5849-5532

by 佐藤正三郎氏