日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

ニュース

記憶を記録に-ドキュメンタリー映画「陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった」上映情報

本ドキュメンタリーは、「陸軍前橋飛行場と戦時下に生きた青少年の体験記」(鈴木越夫著)
をもとに、戦時中に住谷修さんが克明に記録した「村日記」を清書して今に伝える息子の住谷
佳禹さんを始め、当時を知る人々の証言を丹念に収録し、ワシントンの公文書館の取材他
国内外の当時の映像を駆使した貴重な記録です。「三里塚」シリーズで有名な小川プロ出身の
監督の飯塚俊男は、知られざる地元の歴史を後世に伝えようと本作の製作を決意。
当時を生きた方々の証言や記録を子どもたちに語り継ぎ、二度と同じ道を歩むことのないように願って
製作されました。

上映情報
8/4(土)~8/17(金) 前橋シネマハウス
8/11(土)~8/24(金) シネマテークたかさき
8/31(金)日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)にて上映
8/31(金)は、福田康夫元首相、加藤陽子さん(東京大学大学院人文社会系研究科教授(日本近
     代史))によるトークを予定(1回目上映と2回目上映の間 13:40/15:30の2回上映)
他、8/11~名古屋シネマスコーレ、8/18~大阪シネ・ヌーヴォにて公開予定

問合せ先:パンドラ
03-3555-3987 kibou@pan-dora.co.jp

監督 飯塚俊男より
記憶を記録に~平和への願いを込めて
太平洋戦争のさなか、群馬県の中央部に建設された<陸軍前橋飛行場>が利用されたのは、
敗戦で廃止されるまでの僅か1年間。建設に駆り出された地域の人々、特攻隊員と地域の人
々との交流など、さまざまなドラマが生まれています。当時を知る多くの人々へのインタビュー
を重ねて、ようやく1本の映画になりました。いずれの証言にも目を啓かせられる思いがしています。
話を聴けば聴くほど、21世紀に生きる自分と当時の人々とが地続きで、彼らのすぐ隣にいるような錯
覚を覚える事もあり、もし、あの時代に生きていたら自分も特攻に志願していたかもしれない、と思う
ことすらありました。怖さを実感しています。その怖さを知り、この事実を伝えることがとても大切です。
それが歴史を知り伝えることではないでしょうか。

2018年/カラー・モノクロ/69分
製作協力:「陸軍前橋(堤ケ丘)飛行場」製作協力委員会 企画・製作:アムール 配給:パンドラ

(箕輪)

※公式サイトがあります。http://maebashi-hikojo.com/

■琉球政府文書デジタルアーカイブの公開■

沖縄県公文書館のホームページで、琉球政府文書のデジタル画像が一部閲覧でき
ます。
現在、1万簿冊以上の琉球政府文書が閲覧できるほか、資料紹介ページでは注目
資料を紹介しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.archives.pref.okinawa.jp/digital_archive

(小林)

■名古屋大学附属図書館のクラウドファンディング■

名古屋大学附属図書館では、所蔵する「高木家文書」の利活用を一層推し進める
ことをめざし、クラウドファンディングによる支援のお願いを行っています。

募集期間:2018年3月23日(金)~5月22日(火)
目標金額:150万円

詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/TakagiDocuments

■「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第3回公募■

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用するトライアルへの参加研
究者を募集しています。

第3回閲覧期間:2018年9月~11月(1組 20日間まで利用可)
募集対象者:大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大
学院生
募集締切:2018年6月29日
募集研究数:放送博物館 6件、大阪放送局 3件

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

日本アーカイブズ学会2016年度ICAソウル大会参加助成について

〇日本アーカイブズ学会では、2016年9月に開催されるICAソウル大会で報告する
会員2名に、参加登録費の全額、または往復運賃(エコノミー)の半額を、各10
万円を上限として助成いたします。2015年11月22日より、JSASのウェブサイトで
もお知らせしていますが、2月1日の応募期限まで2週間を切りました。ふるって
ご応募ください。

募集人員:2名(次点1名も選考します)
助成額 :1名につき上限10万円

方法:
①ICAの大会公式サイトから応募登録し、応募登録画面に記入したものと同内容の
文書(画面コピーで全文が読めるのであれば、画面コピーでもかまいません)を
作成し、「応募書類」としてください。
②氏名、所属、連絡先をメール本文に明記し、「応募書類」を添付して、学会メ
ールアドレス

office_at_jsas.info

宛てお送りください。
③ICAの採択を条件として、助成対象者をJSASが決定します。

応募の条件:
①応募の時点で日本アーカイブズ学会会員であり、2015年度の会費を納入してい
ること。
②2016年中に学会が開催するICA参加報告会(仮)で報告すること。

応募期限: 2016年2月1日(月)

★この件に関するお知らせは(JSASウェブサイト)
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=241

★ICAソウル大会および応募に関する詳細は
http://www.ica2016.com/eng/seoul/greeting.do

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)