日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

催事情報

■2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会【6/27-28】

標記の大会がオンライン開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、アート・ドキュメンテーション学会のサイトをご参照ください。
http://www.jads.org/news/2020/20200627-28.html
----------
日時:2020年6月27日(土)、28日(日)
 6月27日 13:00~17:00(12:00受付開始)
 6月28日 10:00~16:40(総会9:30受付開始、研究発表12:30受付開始)
参加方法:
 オンライン開催の詳細や参加方法については、後日お知らせします。
  『アート・ドキュメンテーション通信』125号に掲載の「立命館大学大阪いばらきキャン
パス」では開催致しませんので、ご注意ください。
  オンライン開催につき、今後の諸連絡はメールにて行います。会員メーリングリスト
に登録されていない方は、ご登録を強くお奨めします。
参加費・資料代:会員・非会員とも無料(両日とも)
 今年度は紙媒体の予稿集を発行しません。必要な方は予稿集PDFを印刷してくださ
い。
主催:アート・ドキュメンテーション学会(JADS)
共催:立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省国際共同利用・共同研究拠
点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」(ARC-iJAC)
後援(依頼中):記録管理学会、情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会、情報
知識学会、人文系データベース協議会、全国大学史資料協議会、全国美術館会議、
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、デジタルアーカイブ学会、日本アーカイブ
ズ学会、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会、日本ミュージアム・マネージメント学

大会プログラム概要
  内容・プログラムは予定です。確定した内容及びタイムテーブルは、随時学会ウェ
ブサイト等で告知しますので、ご確認ください。
第1日 シンポジウム及び野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞・推進賞
講評および受賞者紹介
2020年6月27日(土)
シンポジウム 13:00~16:40
テーマ:芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用──オンライン環境で
の知的生産システムとそのツール
開会挨拶 13:00~13:10
 細井浩一 (立命館大学アート・リサーチセンター・センター長)
趣旨説明 13:10~13:30
 赤間亮 (アート・ドキュメンテーション学会・会長)
[講演1] 13:30~14:00
 丸川雄三 (国立民族学博物館)
[講演2] 14:00~14:30
 内田剛史 (早稲田システム開発株式会社)
[講演3] 14:30~15:00
 津田光弘 (立命館大学アート・リサーチセンター)
休憩(15分)
パネル討議 15:15~16:00
休憩(10分)
参加者全体討議 16:10~16:40
野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞・推進賞授賞式 16:45~17:00
第2日 総会及び公募研究会
2020年6月28日(日)
学会総会 10:00~12:00会員限定 
研究発表会 13:30~16:05
[発表1]13:30~14:05
 筒井弥生(一橋大学大学院言語社会研究科 非常勤講師)
 「犬丸秀雄と文化財保護」
[発表2]14:05~14:40
 鬼頭孝佳(名古屋大学文学研究科博士後期課程)
 西田喜一(名古屋大学教育発達科学研究科博士後期課程)
 渡地宏文(MLA研究所会員)
 「アウトリーチを視野に入れた展示空間のアーカイブ試論」
休憩(10分)
[発表3]14:50~15:25
 高科真紀(学習院大学大学院)、阿久津美紀(目白大学)
 「写真メディアを軸とした沖縄祭祀アーカイブズ
  ──写真家・比嘉康雄資料の目録記述と権利処理」
[発表4]15:25~16:00
 丸川雄三(国立民族学博物館 人類基礎理論研究部)
 「文化財デジタルアーカイブズの持続可能な発信環境の研究
  ──文化遺産オンライン試験公開版の負荷分散システムを例に」
閉会挨拶 16:00~16:05
 阿児雄之(アート・ドキュメンテーション学会 幹事長補佐)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■企業史料協議会 2020年度くずし字研究会■

企業史料協議会では、江戸時代から明治・大正期頃までの暮らしや経済に関わる
様々な種類の史料を読むくずし字研究会を、以下の通り開催します。

【入門コース(東京)】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第3水曜 15:00~17:00
場所:貸し会議室ROOMS水道橋店 第4会議室(庄司ビル5階)
定員:15名(先着順)
料金:会員 18,000円、一般 26,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

【中級コース(東京)】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第2水曜(8月のみ第1水曜) 15:00~17:00
場所:貸し会議室ROOMS水道橋店 第4会議室(庄司ビル5階)
定員:15名(先着順)
料金:会員 18,000円、一般 26,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

【大阪】
日時:2020年4月~2021年3月(毎月1回、計12回)
   毎月第2火曜(8月のみ第1火曜) 15:00~17:00
場所:(株)竹中工務店大阪本店 御堂ビル地下1階 T’Sイノベーションルーム
定員:15名(先着順)
料金:会員 16,000円、一般 24,000円(教材費、講師謝礼含む12回分) 
申込締切り:2020年4月3日(金)

プログラムの詳細等については、以下のサイトよりご確認ください。
http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=12

(小林)

■デジタルアーカイブ学会 第4回研究大会■

デジタルアーカイブ学会では、第4回研究大会を以下の通り開催します。

日時:2020年4月25日(土)~26日(日)
会場:学術総合センター一橋講堂 (東京都千代田区一ツ橋)
   https://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html
参加費:正会員 5,000円、学生会員 2,000円、 賛助会員 5,000円 、非会員
 8,000円

プログラムの詳細等については、以下のサイトよりご確認ください。
http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/4th

(小林)

2020年度大会の延期について

日本アーカイブズ学会
会員各位
                          会長 大友 一雄

            2020年度大会の延期について


 平素は当会の活動にご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

 さて、本年4月25日(土)・26日(日)に開催を予定しておりました2020年度
大会につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、総会を含む
すべてのプログラムを延期することといたします。

  延期後の大会日程等の詳細につきましては、改めてご連絡いたします。

  大会参加を予定しておられた皆様におかれましては、多大なるご迷惑をおか
けいたしますが、何とぞご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。


     <お問い合わせ>
      日本アーカイブズ学会事務局
      〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5F
      http://www.jsas.info e-mail: office@jsas.info

■大学COC+シンポジウム「地域歴史遺産の「保存」と「活用」-博物館・公文書館の役割-」【3/21】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、園田学園女子大学のサイトをご参照ください。
https://www.sonoda-u.ac.jp/event/mgjvff0000000m20.html
----------
日時 2020年3月21日(土曜日)午前10時から12時
会場 園田学園女子大学5号館3階大会議室
 〒661-8520 尼崎市南塚口町7丁目29-1
 https://www3.sonoda-u.ac.jp/access/index.html
趣旨説明
 大江篤(園田学園女子大学人間教育学部教授)
基調講演「博物館と公文書館の役割~「わたし」と「わたしたち」~」
 藪田貫(兵庫県立歴史博物館館長)
ディスカッション
 稲村和美・尼崎市市長
 藪田貫・兵庫県立歴史博物館館長
 大江篤・園田学園女子大学人間教育学部教授
 市澤哲・神戸大学大学院人文学研究科教授
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)