日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

催事情報

■国際シンポジウム「デジタル化する歴史災害研究」【7/20】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、国立歴史民俗博物館のサイトをご参照ください。
https://www.rekihaku.ac.jp/research/inter/2019/symposium2019.html
----------
日程 2019年7月20日(土) 13:00 ~ 17:00
場所 東京大学地震研究所1号館2階 セミナー室A/B(文京区弥生1-1-1)
参加費 無料(要事前申込、先着順)
対象 研究者、学生
使用言語 日本語および英語(同時通訳あり)
主催 国立歴史民俗博物館
共催 東京大学史料編纂所、東京大学地震研究所、東京大学地震火山史料連携研
究機構
プログラム
13:00 開会・趣旨説明
13:10 基調講演
「イタリア、欧州、そしてグローバルスケールの歴史地震データ管理 ─10年間の経験
から得られた洞察─」
 マリオ・ロカティ(イタリア国立地球物理学火山学研究所)
14:20 講演
「地震研究のための歴史史料の情報化とネットワーク構築をめざして」
 榎原雅治(東京大学史料編纂所,東京大学地震火山史料連携研究機構)
15:10 休憩
15:30 話題提供1
「歴史地震研究と人文情報学ツール」
 加納靖之(東京大学地震研究所,東京大学地震火山史料連携研究機構)
15:50 話題提供2
「歴史地震研究における市民科学」
 橋本雄太(国立歴史民俗博物館)
16:10 パネルディスカッション
17:00 閉会
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

全史料協関東部会第301回定例研究会のお知らせ

全史料協関東部会
http://www.jsai-kanto.jp/

「全史料協関東部会のこれまでとこれから」
― 定例研究会を中心に ―
1.日 時:令和元年8月8日(木)11:00 ~ 16:45(10:30受付開始)
2.会 場   
   渋沢史料館(〒114-0024 東京都北区西ヶ原2-16-1)
   ※ アクセス → https://www.shibusawa.or.jp/access/index.html
3.日 程
 ○ 展示解説及び展示室自由見学(11:00~12:00)
  (昼食・休憩)
 ○ 報 告(13:00~16:30)
  「全史料協関東部会のこれまでとこれから―定例研究会を中心に―」
   報告者:清水善仁氏(運営委員会座長,法政大学)
   コメンテーター:宮間純一氏(中央大学),富田三紗子氏(大磯町郷土資料館),
           金甫榮氏(渋沢栄一記念財団)
   質疑応答
  ※ 終了後、有志による情報交換会(懇親会)を予定しております。
4.定 員
  先着30名 ※ 展示解説及び展示室自由見学のみの参加は不可。
         ※ 申込が定員に達した時点で,受付締切とさせていただきます。
5.参加費
 ○ 会 員:無料
 ○ 会員外:500円(資料代として)
  
6.申込方法
  下記のとおり

7.締 切
  令和元年7月31日(水)
定例研究会への参加申込方法
「参加申込書」(Word(http://www.jsai-kanto.jp/301entry.docx) ・ PDF(http://www.jsai-kanto.jp/301entry.pdf)ダウンロードしていただき、必要事項(氏名又は所属機
関の名称、会員・非会員の別、情報交換会等への参加の意向、連絡先)をご記入のうえ、
下記事務局あてFAXまたは電子メールで送信してください。

全史料協関東部会事務局(茨城県立歴史館内)
  【担当】 石綿・鈴木・長谷川
   〒310-0034 茨城県水戸市緑町2丁目1-15
   TEL:029-225-4425
   FAX:029-228-4277
   E-mail:jimukyoku@jsai-kanto.jp
    (メールアドレスは 2018.12.25 に変更されました。)

(小林)

■専門図書館協議会イブニングセミナー「すぐに役立つ資料保存の基礎知識」(関東地区)開催

 日 程 :2019年7月11日(木)18:00~20:00
 会 場 :日本図書館協会会館2階 研修室
      (東京都中央区新川1-11-14)
      (地図 http://www.jla.or.jp/traffic_guide/tabid/75/Default.aspx
 内 容 :コンサベーション(補修)とプリザベーション(補修だけでなく予防、代替、
      防災などを含む広い概念)の違い、館により、また資料群により、保存施策
      は異なること、実践的保存点検のススメなど、図書館での資料保存の基本を
      講義していただきます。
      後半は「事前アンケート」の回答をふまえ、ワークショップ形式による受講
      者と講師との意見交換を予定しています。
      資料保存の専門家のアドバイスをもとに、自館の資料保存計画を立ててみま
      せんか?
 講 師 :安江 明夫 氏(専門図書館協議会 顧問、元 国立国会図書館副館長)
 受講料 :会員:無料、非会員:3,000円 
定 員 :30名(定員になり次第締切)

 ※ 詳細内容・申し込み方法はホームページをご覧ください。
   https://jsla.or.jp/evening-seminar-20190711/

(小林)

■歴史資料ネットワーク2019年度シンポジウム「2018年水害被災地の資料保全活動─西日本豪雨・台風21号─」【7/21】

標記のシンポジウムが開催されます。
詳しくは、歴史資料ネットワークのサイトをご参照ください。
http://siryo-net.jp/event/201907-gm/
----------
日時:2019年7月21日(日)13:00~16:40頃 (開場予定12:45)
会場:兵庫県民会館 10階「福の間」(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 神戸市営地下鉄「県庁前駅」すぐ、JR「元町駅」・阪神電鉄「元町駅」より北へ徒歩
7分
資料代:500円(史料ネット会員は無料)
報告
 東野将伸さん(岡山史料ネット/岡山大)
 胡光さん(愛媛資料ネット/愛媛大)
 西向宏介さん(広島史料ネット/広島県立文書館)
コメント
 森島一貴さん(関市文化財保護センター)
 松本充弘さん(歴史資料ネットワーク)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■シンポジウム「自治体史編纂の現状と課題」【7/6】

標記のシンポジウムが開催されます。
詳しくは、首都圏形成史研究会のサイトをご参照ください。
http://shutokenshi.org/activity/events-30/
----------
日時 2019(令和元)年7月6日(土) 13時30分~17時00分
会場 立正大学品川キャンパス 9号館地下一階 9B11教室
(東京都品川区大崎4丁目2-16)
主催 首都圏形成史研究会
後援 地方史研究協議会 日本アーカイブズ学会
・報告1 神奈川県 平山孝通(元茅ヶ崎市史編さん担当職員・市史協力員)
 「茅ヶ崎市史編さん事業の過去と現在」
・報告2 神奈川県 井上洋一(綾瀬市生涯学習課長)
 「綾瀬市史編集の現状と期待」
・報告3 埼玉県  佐藤勝巳(元戸田市立図書館・郷土博物館館長)
 「戸田市史の編さんと史料保存」
・報告4 千葉県  立野 晃(前鎌ケ谷市郷土資料館館長)
 「鎌ケ谷市史編さん事業終了後の現状と課題」
・コメンテーター 小風秀雅(立正大学)  季武嘉也(創価大学)
・司会 栗田尚弥(沖縄東アジア研究センター) 手塚雄太(國學院大學)
----------

ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)