日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

書籍・雑誌

■「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか?

-萩原栄幸. 「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか?. ポプラ社,
2015, 167p, (ポプラ新書, 70).
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 「デジタル遺品」がこんなに危ないトラブル7例
第2章 すべてはパスワードから
第3章 遺族になったときにすべきこと
第4章 何を遺し、何を伝え、何を(こっそり)処分する?
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8201070.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■改正電子帳簿保存法完全ガイド

-袖山喜久造. 改正電子帳簿保存法完全ガイド. 改訂増補版. 税務研究会出版局,
2018, 516p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 文書の電子化にあたって 
第2章 文書電子化と今後の展望
第3章 帳簿書類の保存義務
第4章 電子帳簿保存法の概要
第5章 国税関係帳簿書類に係る電磁的記録の保存
第6章 国税関係書類のスキャナ保存制度
第7章 国税関係帳簿書類の電子化の検討
第8章 電子取引に係る電磁的記録の保存義務
第9章 電子化導入事例
第10章 電磁的記録の保存等の承認の手続
参考資料
電子帳簿保存法関係法令通達
電子帳簿保存法 Q&A
各種規程、細則等
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.zeiken.co.jp/store/book/detail/1922

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■解説とQ&Aによる国税関係帳簿書類の電子(スキャナ)保存の実務

-藤崎直樹編著. 解説とQ&Aによる国税関係帳簿書類の電子(スキャナ)保存の実
務. 大蔵財務協会, 2017, 294p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1編 解 説 編
電子帳簿保存法の概要(基本構造)
電子帳簿保存法の制定及び改正の経緯
用語の意義
制度の具体的内容
 制度の対象となる帳簿書類
  制度の適用を受ける際の保存等の要件
  所轄税務署長等による承認制(申請・承認手続)
  電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存制度
  各税法その他の法令の適用
第2編 問 答 編
国税関係帳簿書類の電磁的記録又はCOMによる保存制度及びスキャナ保存制度
 制度の概要
 制度の内容
 申請・承認手続
電子取引の取引情報に係る電磁的記録の保存制度
電磁的記録等に対する各税法の適用
第3編 関係法令等
承認申請書・届出書の様式及び記載要領
電子帳簿保存法・同法施行規則・同法取扱通達三段対照表
----------
出版者による紹介が以下のページにあります。
http://www.zaikyo.or.jp/publishing/books/007653.shtml

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■効率とコンプライアンスを高める e-文書法 電子化早わかり: 平成27・28年度改正対応

-日本文書情報マネジメント協会法務委員会編. 効率とコンプライアンスを高める e-
文書法 電子化早わかり: 平成27・28年度改正対応. 日本文書情報マネジメント協
会, 2017, 191p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 文書情報マネジメント
第2章 「e-文書法」とは
第3章 国税関係書類のスキャナ保存
第4章 スキャナと画像品質
付録1 スキャナ保存の承認申請書記述サンプル・要領
付録2 電子帳簿保存法取扱通達解説(趣旨説明)
付録3 電子帳簿保存法(スキャナ保存図説)Q&A
付録4 e-文書法対象リスト[全業種共通法令]
----------
出版者による紹介が以下のページにあります。
https://www.jiima.or.jp/activity/publishing/reference02/

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■インフォメーション・ガバナンス: 企業が扱う情報管理のすべて: 顧客情報から社内情報まで

-ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業); デロイト トーマツ コンサ
ルティング合同会社; デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社編
著. インフォメーション・ガバナンス: 企業が扱う情報管理のすべて: 顧客情報から社
内情報まで. 東洋経済新報社, 2018, 256p.
主な内容は以下の通りです。
----------
はじめに
第1章 企業に求められる情報マネジメント
第2章 個人情報保護のための情報マネジメント
第3章 営業秘密を管理するための情報マネジメント
第4章 ディスカバリー制度と情報の一元化
第5章 インサイダー取引を防止するための情報管理
第6章 各個別法に対応するための統一的な情報管理手法:まとめ
第7章 現代の情報マネジメントとセキュリティの関係
第8章 日本企業に求められる企業情報マネジメント
第9章 構築が急務となる企業情報システム(ECM)
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://str.toyokeizai.net/books/9784492534007/

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)