日本のアーキビスト blog版

アーキビストに必要な情報の提供を行っています。

書籍・雑誌

■近代ヒスパニック世界と文書ネットワーク

-吉江貴文編. 近代ヒスパニック世界と文書ネットワーク. 悠書館, 2019, 398p.
主な内容は以下の通りです。
----------
序 「近代ヒスパニック世界と文書ネットワーク」の構想と課題(吉江貴文)
I 文書循環サイクルの成立過程
 1 スペイン帝国の植民地統治と文書 中央アメリカのチアパス地方王庫(1540-
1549)を事例として(小原正)
 2 スペイン帝国の文書ネットワーク・システムとフィリピン-インディアス総合文書
館所蔵フィリピン総督文書の検討-(清水有子)
 3 検索可能なアーカイブの構築-スペイン異端審問の文書管理-(坂本宏)
 4 イエズス会のグローバルな文書ネットワーク・システム─スペイン領南米パラグ
アイ管区の「年報」を中心に─(武田和久)
II 文書の物質的諸相
 5 紙の上の集住化 イエズス会ペルー管区モホス地方の洗礼簿の分析(齋藤晃)
 6 植民地都市ラパスにおける公証人の文書作成術と公証人マニュアルの影響(吉
江貴文)
 7 テンプル/聖ヨハネ騎士団カルチュレールと文書管理─生成・機能分化・時間
─(足立孝)
III 帝国周辺社会における文書ダイナミズムの実相
 8 有力入植者と王権をつないだ文書:初期メキシコ植民地の事例から(横山和加
子)
 9 植民地時代メキシコ中央部の先住民村落における「権原証書(Títulos
primordiales)」の作成と使用(井上幸孝)
 10 先住民の文書利用─17世紀ペルー・ワマンガの公正証書の分析を通じて(溝田
のぞみ)
 11 スペイン領メキシコにおける簿記行為-シモン・バエスの帳簿を中心に(伏見岳
志)
IV 研究者の集合知
 12 「近代ヒスパニック世界における文書ネットワーク・システムの成立と展開」研
究者の集合知の可視化の試み(中村雄祐)
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.yushokan.co.jp/

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■近世・近現代: 文書の保存・管理の歴史

-佐藤孝之; 三村昌司編. 近世・近現代: 文書の保存・管理の歴史. 勉誠出版, 2019,
352p.
主な内容は以下の通りです。
----------
序言 佐藤孝之・三村昌司
近世編
 総論 近世文書の保存・管理史研究と近世編の概要 佐藤孝之
 江戸幕府右筆所日記について 小宮木代良
 秋田藩の藩庁伝来文書と文書管理制度の展開 鈴木満
 大名家文書の構造と伝来過程─高松松平家文書を中心として 胡光
 近世村方文書の保存と管理 西村慎太郎
 丹波国山国郷における文書保存・管理・利用 柳澤誠
 近世住友家文書の伝来と保存・管理 末岡照啓
近現代編
 総論 近現代文書の保存・管理の歴史に関する研究と近現代編の概要 三村昌司
 公文書の保存・管理の歴史 松岡資明
 明治政府の正史編纂と史料収集 松沢裕作
 地域に残された歴史資料はなぜ大切か 三村昌司
 地域のなかの文書館─兵庫県尼崎市の場合 松岡弘之
 コラム 公害に関するアーカイブズとその活用 林美帆
 自治体史の場合─小平市史の経験を中心にして 大門正克
 大規模自然災害と資料保存─「資料ネット」活動を中心に 川内淳史
 「多仁式すきはめ」について 多仁照廣
 デジタルアーカイブから見る文書 後藤真
 インタビュー 本の価値を見いだす古書店 酒井健彦
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=101055&language=ja

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■映画という《物体X》: フィルム・アーカイブの眼で見た映画

-岡田秀則. 映画という《物体X》: フィルム・アーカイブの眼で見た映画. 立東舎, 2016,
256p.
主な内容は以下の通りです。
----------
はじめに 生まれたからには、すべて映画は映画
第一章 なぜ映画を守るのか
"私たち”の映画保存に向かって 対談:石原香絵
第二章 フィルム・アーカイブの眼
私のシネマテーク修業日記 ノンフィルムの巻
第三章 映画保存の周辺
シネマテークの淫靡さをめぐって 対談:蓮實重彦
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://rittorsha.jp/items/16317404.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■写真技法と保存の知識: デジタル以前の写真: その誕生からカラーフィルムまで

-ベルトラン・ラヴェドリン. 白岩洋子訳. 高橋則英監修. 写真技法と保存の知識: デジ
タル以前の写真: その誕生からカラーフィルムまで. 青幻舎, 2017, 368p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1部 ポジティブ─陽画
 金属支持体のポジ画像
 ガラス支持体のポジ画像
 プラスチックフィルム支持体のポジ画像
 布支持体のポジ画像
 紙支持体のポジ画像
第2部 ネガティブ─陰画
 紙支持体のネガ画像
 ガラス支持体のネガ画像
 プラスチックフィルム支持体のネガ画像
第3部 保存
 劣化の種類と影響要因
 保存処置
 デジタルイメージングと文化財保存
 災害
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-617-6

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■日本におけるフィルムアーカイブ活動史

-石原香絵. 日本におけるフィルムアーカイブ活動史. 美学出版, 2018, 384p,
(Museum Library Archives, 02).
主な内容は以下の通りです。
----------
序 章 フィルムアーカイブ活動の歴史を問う
第一章 フィルムアーカイブ活動の原点を求めて
第二章 軍国主義時代の映画フィルム
第三章 日本映画の網羅的な収集はなぜ実現しなかったのか
第四章 川喜多かしこと戦後日本の〈映画保存運動〉
第五章 わたしたちの文化遺産としての映画フィルム
終 章 映画フィルムは救えるか
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.bigaku-shuppan.jp/book/049FilmArchiving.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

連絡先
アーカイブ
QRコード
QRコード
eucaly.net(since 2004.11.08)