-松岡資明. 公文書問題と日本の病理. 平凡社, 2018, 224p, (平凡社新書, 895).
主な内容は以下の通りです。
----------
はじめに──理念なき公文書管理
第I部 噴出した公文書問題
1 森友学園問題が浮かび上がらせたもの
2 加計学園問題の核心
3 陸上自衛隊PKO部隊日報問題
第II部 公文書管理をめぐって
1 行政文書ガイドライン改正
2 公文書管理法制定の経緯
3 公文書管理法の成果と課題
4 公文書管理の「明日」に向けて
第III部 歴史資料をいかに保存するか
1 満蒙開拓団の記録
2 知られざる戦争の記録
3 震災の記録と継承
むすびに代えて──公文書問題再び
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.heibonsha.co.jp/book/b373050.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)