外務省が、外交史料館で勤務する任期付職員を募集しています。
職務内容は以下の通りです。
公文書の歴史的価値に関する評価・選別分野
----------
外務省外交史料館において、公文書の歴史的価値に関する評価・選別業務の担当
官として、外務省各課室が作成・保管する公文書について、歴史的価値の観点から
廃棄の適否等を確認する業務に従事します。
----------
外交史料館所蔵史料検索システムに掲載する外交史料の選定・データ作成分野
----------
外務省外交史料館において、外交史料館所蔵史料検索システム(デジタルアーカイ
ブ)に掲載する外交史料の選定・データ作成分野の担当官として、システムに掲載す
る外交史料の選定や電子画像データ作成の工程管理、史料情報(メタデータ)の作
成業務等に従事します。
----------
応募資格は以下の通りです。
公文書の歴史的価値に関する評価・選別分野
----------
(1)民間企業もしくは独立行政法人等において、史料管理ないしは史料整理に関す
る実務経験を通算4年以上有する者。
(2)原則として大学院修士課程修了以上の学歴を有する者。
(3)日本外交史、日本近現代史(政治・外交などの分野)及び国際政治等の専攻分
野で学識を有し、わが国外交文書など近現代史料を活用した研究実績があること
が望ましく、これら史料の編纂・管理等に関する実務経験、または公文書館等にお
ける実務経験のある者。
(4)手書き文書を含めた歴史資料に関する一定の読解力を有すること。
(5)当該採用期間にわたり、継続して勤務が可能なこと。
(6)日本国籍を有し、外国籍を有しないこと。
----------
外交史料館所蔵史料検索システムに掲載する外交史料の選定・データ作成分野
----------
(1)民間企業もしくは独立行政法人等において、史料整理ないしは史料管理に関す
る実務経験を通算4年以上有する者。
(2)原則として大学院修士課程修了以上の学歴を有する者。
(3)日本外交史、日本近現代史(政治・外交などの分野)及び国際政治等の専攻分
野で学識を有し、わが国外交文書など近現代史料を活用した研究実績があること
が望ましく、これら史料の編纂・管理等に関する実務経験、または公文書館等にお
ける実務経験のある者。
(4)手書き文書を含めた歴史資料に関する一定の読解力を有すること。
(5)デジタルアーカイブ(データベース、ホームページ等を含む)について一定の知
見を有する者。
(6)当該採用期間にわたり、継続して勤務が可能なこと。
(7)日本国籍を有し、外国籍を有しないこと。
----------
申請締切はいずれも令和3年4月8日です。
詳しくは、同省のサイトをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page22_003575.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page22_003576.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)