国立公文書館が、公文書館専門職員及び公文書専門員をそれぞれ若干名募集し
ています。
職務内容は以下の通りです。
公文書館専門職員
----------
国立公文書館の中核的役割を果たす職員として、「公文書等の管理に関する法
律」(平成 21 年 7 月 1 日法律 66 号)、「国立公文書館法」(平成 11 年
法律第 79 号)等の下、「アーキビストの職務基準書」(平成 30年12月独立
行政法人国立公文書館)に示されたアーキビストの使命、倫理と基本姿勢に基
づき、次のような諸業務を担う。
(1) 評価選別・収集(指導・助言、評価選別、受入れ)に係る諸業務
(2) 保存(保存整理、目録整備)に係る諸業務
(3) 利用(利用審査、利用者支援)に係る諸業務
(4) 普及(利用の促進、連携)に係る諸業務
(5) 上記に関連するデジタルアーカイブ、電子公文書保存システム等の調査研
究・企画・構築・運用・管理に関する諸業務
(6) その他公文書管理法、国立公文書館法等制度の運用及び当館運営に係る諸
業務
----------
公文書専門員
----------
「公文書等の管理に関する法律」(平成 21 年 7 月 1 日法律 66 号)、「国
立公文書館法」(平成 11 年法律第 79 号)等の下、「アーキビストの職務基
準書」(平成 30 年 12 月独立行政法人国立公文書館)に示されたアーキビス
トの使命、倫理と基本姿勢に基づき、次のような諸業務に従事する。
(1) 評価選別・収集(指導・助言、評価選別、受入れ)に係る諸業務
(2) 保存(保存整理、目録整備)に係る諸業務
(3) 利用(利用審査、利用者支援)に係る諸業務
(4) 普及(利用の促進、連携)に係る諸業務
(5) 上記に関連するデジタルアーカイブ、電子公文書保存システム等の調査研
究・企画・構築・運用・管理に関する諸業務
(6) その他公文書管理法、国立公文書館法等制度の運用及び当館運営に係る諸
業務
----------
応募条件等は以下の通りです。
公文書館専門職員 応募条件
----------
以下の(1)及び(2)を満たす者。
(1)「アーキビストの職務基準書」に示されたアーキビストとして「4必要と
される知識・技能」の「(1)基礎要件」及び「(2)職務と遂行要件」に関
連する学問分野において大学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識
・能力を有する者
(2) 上記の知識・能力を活かし概ね5年以上の実務経験がある者、又はこれと
同等と認められる者
----------
公文書専門員 資格
----------
以下の(1)及び(2)を満たす者。
(1) 「アーキビストの職務基準書」に示されたアーキビストとして「4必要と
される知識・技能」の「(1)基礎要件」及び「(2)職務と遂行要件」に関
連する学問分野において大学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識
・能力を有する者
(2) 上記の知識・能力を活かし、概ね2年以上の実務経験がある者
----------
提出期限または募集期限は以下の通りです。
----------
公文書館専門職員 令和3年8月20日
公文書専門員 令和3年8月27日
----------
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.archives.go.jp/news/20210714_01.html
http://www.archives.go.jp/news/20210714_02.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)