標記のイベントが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、首相官邸のサイトをご参照ください。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/forum/index.html
----------
開催日時 令和4年8月25日(木)10:00~17:30
主催 国立国会図書館 内閣府知的財産戦略推進事務局
後援 公益財団法人日本博物館協会 全国科学博物館協議会 一般社団法人
全国美術館会議
開催方法 オンライン開催
プログラム概要
第1部(基調講演)
(1)基調講演
 アナログ歴史家とデジタルアーカイブの出会い ~ジャパンサーチへの期待
 歴史家/国際日本文化研究センター教授 磯田 道史
(2)デジタルアーカイブ社会の実現にむけた取組について
 内閣府
(3)デジタルアーカイブジャパンアワード2022
 進行:実務者検討委員会座長/国立情報学研究所名誉教授 高野 明彦
第2部(ジャパンサーチセッション)
(4)ジャパンサーチ・アクションプラン2021-2025について
 国立国会図書館
(5)ジャパンサーチの概要と連携方法について
 国立国会図書館
(6)ジャパンサーチ連携事例・活用事例報告
東京富士美術館「東京富士美術館収蔵品データベース」
 全国美術館会議 情報・資料研究部会幹事、東京富士美術館学芸課長 
鴨木 年泰
日本写真保存センター「写真原版データベース」
 日本写真保存センター調査員 河原 健一郎
沖縄県南城市教育委員会「なんじょうデジタルアーカイブ」
 なんじょうデジタルアーカイブ デジタルアーカイブ専門員 田村 卓也
慶應義塾大学「Keio Object Hub」
 慶應義塾ミュージアム・コモンズ特任助教 宮北 剛己
 慶應義塾ミュージアム・コモンズ専任講師 本間  友
国立教育政策研究所教育図書館「教育図書館貴重資料デジタルコレクション
ほか」
 国立教育政策研究所 研究企画開発部教育研究情報推進室総括研究官 江草
 由佳
第3部(デジタルアーカイブ活動セッション)
(7)産業界におけるデジタルアーカイブ活動の活性化と利活用の拡大に向
けて
デジタルアーカイブでつながる建築資料:企業アーカイブと公的アーカイブ
の連携の可能性と課題
 清水建設株式会社 技術研究所 未来創造技術センターデジタルXグループ
主任研究員/九州大学大学文書館 協力研究員 松本 隆史
漫画原画のデジタルアーカイブ化による文化の保存とビジネス活用
 株式会社集英社 デジタル事業部 次長 岡本 正史
文化財VR・デジタルアーカイブとその活用について
 凸版印刷株式会社 文化事業推進本部 アライアンス開発部アライアンス
開発T 課長 寺師 太郎
(8)ジャパンサーチワークショップ報告~ギャラリー共同制作の紹介
 東京大学大学院学際情報学府/TRC-ADEAC特任研究員 大井 将生 
参加費 無料
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)